2010年11月22日

その他最近の備忘

1. Academics
先に記載のとおり、今期(Fall B)は5つの授業(Speaker Series以外はコア)。先週Midtermが終わり、12月2週目のFinalに向けて淡々と進んでます。

2. Extracurricular
2-1: Speaker Series

- Seth Sternberg, Founder & CEO, Meebo
- Udi Manbur, VP Engineering, Google
- Kevin Hartz, Founder & CEO, Eventbrite
- Adam Grosser, General Partner, Foundation Capital
- Victoria Hale, Founder & CEO, Medicines360

- Social Impact Sperker Series

- Enterpreneur Forum x 2
月に一回のForumでは毎回テーマにそったEntrepreneurを招聘。
10月は、Financing Clean Energy/Cleantech: Politics, Policy and Private Equity。11月はIntel-Berkeley International Business Cometitionの決勝大会。

- Entrepreneur Best Practice Series
これもアントレ系のイベント。今回はLaw Firmを招いて、IP & Legal Issuesに関するプレゼン。

- >Play Conference
DMECというメディア・エンターテイメント系のクラブが主催する丸1日かけたConferenceで、様々なゲストスピーカーを招いて講演やパネルを聴きました。特にPixarの技術部門トップ Dr. Michael B. Johnsonのプレゼンは、未公開試作品や秘話なども交え、エンターテイメントとしても非常に面白いものでした。

2-2: Career関係

- Small Group Interview: 学校のRequirementのひとつで2年生1名と1年生3名でのSmall Interview。

- Company Presentaion: Apple など

2-3: Japan Trek
来年の春休みにJapan Trekという、日本への旅行を企画・運営することにしました。日本人1年生7名が2年生の協力を受けながら、企画が動き出してます。


3. 他の学生たちと交流を深め、国際感覚を磨くため(?)のSocial Activity

- Home Party: 以前我が家で行ったStudy Groupのメンバーとの企画第2弾。今回は友人宅でBBQ Dinner。この夫婦非常に料理がうまい!Thanksgivingは彼らの実家にお邪魔してTurkeyをいただくことになっています。

- Haas-lloween: 前述のHalloween Party。

- International Dance Night: Africa, Latin America, Indiaの学生がDJとなり、みんなで踊るというもの。

4.心身ともに健康で、頭でっかちではない文化的教養人になるためのSocial Activity
- Haas Soccer Club: UCLA Soccer Tournament

- Volunteer: 近くのコミュニティで、Halloweenの飾りつけを手伝うというボランティア。クラスメイト10名くらいで出かけ、お化け屋敷の装飾。

- Japanese Graduates and Researchers Society at Berkeley(JGRB) 勉強会: 日本人の院生及び研究者が組織するJGRB。新しい試みとして、各人が専門分野について他のメンバーとシェアしようという企画。第1回は「紛争解決学」。

- Ryuichi Sakamoto Concert: 坂本龍一のコンサートがSFで行われ、奥様の意向もあり、鑑賞。ちなみにとっていたはずのチケットが何故かとれておらず、当日になってダフ屋から購入するというハプニングつき。コンサート自体はもろもろの理由から非常に眠気を誘われ、必死に耐えていました・・・

- Golf: Korean vs Japanese 第2戦。敗戦。

- American Football: vs Stanford
UC BerkeleyとStanfordが長年のライバル関係ということで、Big Gameと呼ばれている試合。試合前から大いに盛り上がったものの、大敗・・・
posted by QL at 10:03| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fall B。

そういえば、Fall Bが始まって1ヶ月ほどですが、授業についてちゃんと書いていなかったような。学生の本分について少々記載しておきます。

1. Finance
Financeのイントロの授業。Time Value of Money, Risk & returnという基本的な事項を一気に抑える内容。Caseもありますが、基本的にはLecture形式で進んでいます。Financeバックグランドとしては、基本的な事項をおさらいしているような内容になっており、課題などに対してはStudy Groupへの貢献度がグッと上がる分野です。

2. Accounting
Financial Accountingのイントロの授業。Financial Statementsの読み方、作り方を夏のWorkshopを前提に進めています。Accountingという性質上、なかなか面白くなりにくい内容で、少々不完全燃焼なのは否めません。

上記二つはWaiveすることも可能だった授業で、Financeはいい復習になっていると思う部分がある反面、Accountingに関してはWaiveしておくべきだったと正直思ってはいます。両方とも学部のとき(人生で最も勉強した感のある1年間でした・・・)にWisconsinでとった授業と比較すると、課題の量や深堀りの仕方がそこまででもない印象があります。MBAのコアらしくポイントをつまみ食いしているというイメージでしょうか。

3. Marketing
極めて個性的な名物教授が教えるMarketing Strategyの授業。ほぼオールCaseで授業の前に準備してクラスでディスカッションというのが繰り返されます。課題もCaseのWrite-up、MidtermもCase Write-upと徹底して自分で分析、自分なりの考えをもつ必要がある、今期最も熱い授業です。基本的には20年、30年ものという極めて古いCaseを使っているのも特徴です。教授に言わせるとMarketingはMarketingでありProductsやMediaが変わろうが重要な要素は変わらない、古いCaseは後日談が明らかで学びが多いということのようです。また、学生の発言が教授の求めるポイントをはずすと、一蹴されるという緊張感のある授業でもあります。

4. Leadership Communication
所謂Public Speakingの授業。10名毎のチームに別れ、毎週3-4分のスピーチをし、インストラクターや他の学生からFeedbackを受ける、また、録画された自分のスピーチを見て、改善するということを繰り返しています。小さなチームは極めてFriendlyかつCollaborativeな雰囲気で、非常に学ぶところの多い授業。恥をかく(失敗をする)ことに意味があるというテーマのもと、英語のハンデは当然ありつつも試行錯誤しながらやっています。

5. Speaker Series: Life as an Entrepreneur
Fall Aからの続きです。


Finance・Accountingという馴染みのある分野があることと、なんとなく自分のペースができてきた(手の抜き方を知った?)ことで、前期と比べるとゆとりがあるのは事実ですね。なので、週末を使って前述のように、動き回る日々が続いています。
posted by QL at 09:08| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Haas Vegas!

11月11-13日。Las Vegasに行ってきました。またか、と思われた方、そうまたです。ただし、大きな違いがいくつか。

1. 奥様と一緒。(夏に一人で行って若干ヒンシュクだったので、改めてお連れしました)
2.Haasのクラスメイト+そのパートナー等、総勢120名超が集結。

もともと、Veterans Day の休みを利用してLas Vegasに行こう、と誰かが言い出したのが、あれよあれよという間に膨れ上がり、最後気づいてみれば120名・・・。ただ、別にみんなで一緒に行動しようというようなツアーではなく、そこはビジネススクール。大人の集合体ということで夜どこどこでパーティするから来たいやつは来いみたいな緩いまとまり。

まあ、これだけの人数が集まれば、なんらかのディールをまとめてくる(リーダーシップを発揮する)のもビジネススクールらしいところ。各人がそれぞれのコネクションをたどり、素敵なバー・クラブに話をつけて、カバーを無料にするとか、ワンドリンクつけるとか、行列をすっ飛ばして入れるとか、たいしたもんですね。いつものパーティがLas Vegasでも再現されてしまうという不思議な感じでしたが、そうでもしなければ自分では入らなかったような場所に入れて、なかなか乙なものでした。

それ以外はというと、基本的にはペルー人カップルと一緒に行動、ホテルもシェア。木曜の早朝に出発、土曜の夜に帰宅という丸々3日間コース。これまでの経験を活かして、3日間レンタカーを借りたので、結構快適に動き回ることができました。

1日目:日中はLas Vegas市街をブラブラ、Paris Las VegasのBuffet、夜はCirque du Soleilの「O(オー)」というショーを見て、Haasのパーティに参戦。

P1030098_blog_2.jpg

2日目:早朝から、Grand Canyon Westに車で観光。帰ってきてからはCrazy Horseというショー。再びHaasパーティに参戦するつもりが、あまりの眠気に撃沈。

P1030125_blog_2.jpg

3日目:のんびりおきて、BellagioのBuffet、ショッピング、ギャンブル、帰宅。

私にとっては3回目のラスベガスですが、ショーを見るのは初めて。現在一番人気で売り切れ必至という「O」は非常に高い(!)チケットでしたが、見る価値のある圧巻のショー。Crazy Horseは名前から想像の通り、大人のショー。これも意外と当たりで奥様ともども楽しめました。

また、負け続きだったカジノですが、奥様と二人でブラックジャックに挑戦。二人合わせて損益トントンという価値のある引き分けでした。ディーラーがいいおばちゃんで、なんとなく勝負の仕方を教えてくれるので勉強になったのも収穫でしたね。

奥様がラスベガスを気に入ってしまったのは誤算ですが、まあまた来年夏にでも行きたいですね。
posted by QL at 08:09| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1st place at UCLA Soccer Tournament

11月5−7日。Haas Soccer Clubとして、サッカートーナメントに参加するべくUCLAに遠征。全米及びLBS(ロンドン!)を加え、名だたるMBAスクール21チームが参加し、土日丸々2日間開催。

で、Haas優勝!!

UCLA Soccer.jpg

Haasは2チーム参加し、1チームは惜しくも(?)予選で敗退したものの、もう1チームは順調に勝ち上がり翌日の決勝トーナメントへ。準々決勝Stanford、準決勝はUCLA(Alumni)、決勝はKelloggを下して勝ってきました。

1日に3試合(30分ハーフ)もすると、体力は持たないし、怪我が増えるし、(前日の飲みすぎで二日酔いだったり)で、最後は動ける人間が代わる代わる試合に出るスクランブル状態。その分優勝したときのみんなの一体感はなんともいえないものでした。

優勝後、すぐに飛行機やら車やらでバークレーまで戻らなければならなかったため、大きなパーティはしませんでしたが、帰り道に今LAではやっているらしいというChicken Waffle(ワッフルの上にケンタッキーのチキンがのって、シロップがかかっているイメージ?)で打ち上げて解散しました。

IMG_0089_blog_2.jpg

次回は2月にTexas Austinで開催されます。連覇したいですねー


最後に、いくつか気づきを。
1.アメリカのサッカーはフィジカルコンタクトが非常に多いですね。押すわ、蹴るわ・・・。また、口汚くののしるわ、審判にケチをつけるわ、露骨なファールが多いわ、で決してビジネスエリートが集まっているMBAとは思えない上品な大会でした。まあ競争意識が高い連中が集まってエキサイトするとああなるんでしょうね。某Hなどは特に上品でした・・・

2.やはり、Soccer等で濃い時間を共有すると、人間関係の距離感があっという間に縮まる気がします。ちなみに行き帰りは、友人の車で6時間のドライブ(アメリカ人2人+日本人)。ホテルは、アメリカ人+スイス人+日本人でベット2つをシェア。英語難民からすれば、まあ修行みたいなもんですが、それを超えると、少し違った関係になるんだと思います。
posted by QL at 07:20| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Haas-lloween!

相変わらずサボり気味のブログですが・・・、少々さかのぼっていくつか書き残しておきたいと思います。

10月30日に、HalloweenならぬHaas-lloweenというパーティがSFで開催されました。何かとテーマを持ったパーティが多い中、やはりこれは定番中の定番。みんな気合を入れて仮装を検討。

で、私(たち)のテーマは寿司。最初は個別にいろいろと考えていたんですが、Study Groupのメンバーがみんなで統一のテーマでやらない?と言い出し、直前に寿司ネタになるということで合意。金をかけずにみんなの創作力だけで結構いい感じに仕上がりました。

P1030061_Blog_2.jpg

それぞれ何が何かわかります?

左からいくら、たまご、海老、マグロ、そして醤油。私は板前というかっこ。特筆すべきは海老のクオリティの高さ。そして醤油という発想(彼は手に醤油ビンも持参)。奥様もいくらをオレンジの風船を使って見事に仕上げてました。ちなみに白い衣装は米、私の手にあるのはメニュー。さらには女の子の髪留めは割り箸。

われわれがグループで揃ってならんだときにはみんなが記念撮影をするくらい、正直満足のいく出来栄えとなりました。
posted by QL at 06:19| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。