2010年12月14日

Fall Semester....

早いものでSemesterが終了してしまいました。

今日のFinanceのFinalをもって正式にFall Semesterが終了。Winter Breakに突入です。

最後はPaper×3、Final Exam×2が1−2週間に集中してやってきたため、個人で或いはStudy Groupで時間に追われながらこなす日々が続きました。(その合間に前述のようなイベントが挟まっているイメージですね)

個人の学びの機会を優先して、いつもは全ての課題に対して個人で取り組んだ後、Study Groupで議論してOutputを仕上げる方針を貫いてきたものの、さすがに時間が足りないということで初めてProject毎に担当者を決めて取り組むという方法をとりました。もちろん私はFinance。Investment Bankerのハシクレとしてある程度貢献ができたのではないかと思います。

Finance/Accounting/Marketing/Leadership Communcation(Public Speaking)と、MBAのコアっぽい授業が並んだ中で、Finance/Accountingになじみがあった私はMarketingとCommunicationに時間を割きつつ過ごすことになりました。

Marketingに関しては、企業のStrategyそのものであるという、あの教授の方針から単なるMarketing Mix/Product Mixに留まらず、投資判断等にまで突っ込むCaseが多かったように思います。年季の入ったCaseを使うだけに、その後日談が当該商品やビデオ等とともに明かされるのは非常に面白いものがありました。

答えがない中でどう合理的に意思決定をするか。授業の中で教授が「MBAとはUncertaintyにどう対処するかを学ぶ場である。Assumptions/Projectionsを使ってそのUncertaintyを減らすのもひとつだが、Uncertaintyに対してFlexibleであること、Adaptiveであること、そしてConfortableであることが重要。そしてUncertainty(Risk)を避けるのではなく、利用するんだ」と言っていたのは印象的でした。

Leadership Communicationについては、ネイティブたちに混じって英語でスピーチをするという、まあシビアな環境であり、またありがたい環境でした。特にGloriousに失敗をしろという不思議なテーマのもと、気持ちの悪いくらいSupportiveな雰囲気の中、スピーチをしてはConstructiveなFeedbackを受けるということが繰り返されました。当初はせっかくの機会なので、準備もほどほどに即興スピーチに近い形でやってみましたが、無残にもグダグダに失敗し、英語難民としては大人しくちゃんと作りこんでほぼ覚えて臨むという形に落ち着きました。

それにしても彼らはスピーチがうまい。アイコンタクト・ジェスチャー・ペースなどの基本的なところから、自然に歩いて、間を取って、声の抑揚をつけて、などなど、日本語でやれといわれてもできるかどうか・・・(まあ難しいですね)。そんな彼らがさらなる向上を目指して真剣にやっていたわけで、自分ももうちょっと頑張らないと・・・、そう思わされる授業でした。

非常に暖かく心の広い仲間がいたStudy Groupも終了。最後は時間に追われて浸る場面もありませんでしたが、なんとなくみんなこのStudy Groupには満足していて(実際非常に機能しました)、最後数日は昼飯も一緒に、試験勉強も一緒にと、いつも以上に一緒に過ごす時間が長かったように思います。来期はみな別々のクラスになってしまうのですが、おそらくこれからもことある度に集まれる気がします。いろいろな意味で助けてもらったMemberたちに感謝。


さて、Fallが終了。しばらく自己研鑽に出てきます。文字通り飛ぶように過ぎていった時間ですが、何を学んだのか、何が足りないのか、これからどうするのか、少し落ち着いて考えてみようと思います。
posted by QL at 13:07| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gala Masquerade Ball

最後の週末。Full-Time MBA及びEvening-Weekend MBA全てが対象のパーティがSan FranciscoのとあるBallroomを貸し切って行われました。

1年生はFinanceのFinalがまだ残っているため、参加者が若干少なかったですが、それでも総勢500名程度が参加する大きなもの。今回のお題はMasquerade。所謂仮面舞踏会ってやつですかね。(よくもまあ毎回思いつくもんですね)

正装(女性はドレス)でマスク着用。ただそれ以外はいつもとそれほど変わりはありませんでした。ただ、Semesterがほぼ終わったという開放感と、またやはり回数を重ねる度に知り合いが増える、また付き合いが深くなるということもあり、あっという間に時間が経っていきました。

P1030477_blog_2.jpg
posted by QL at 11:47| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。