2011年01月27日

IBDの行き先は・・・

今期履修のIBDことInternational Business Development。学生のチームを他国に派遣してコンサルティングプロジェクトを行うという、Haasの看板授業。今年は昨年から定員が増員され、学年の半数強が参加するという大規模なもの。

先日チーム及びプロジェクトが発表され、私の行き先は・・・ルワンダ

プロジェクトの詳細は明かせないものの、希望していたアフリカで、プロジェクトも今後に活かせそうなテーマで、チームメイトにも恵まれ、と、ちょっと興奮気味です。

言葉の制約等もあり、昨年は出身国に派遣される(日本人には日本関係のプロジェクト、スペイン語を話す南米人は南米のどこか、など)人もそれなりにいた様子だったので、若干懸念していたものの、今回はあまりそういう話は少なかったような気がします。日本人はアフリカに私を入れて3名、ヨーロッパ1名、中南米1名と各国に遠征です。(日本がらみのプロジェクトがなかったということもありますが。なんかこれも日本のプレゼンスの低下を現しているのかもしれません。)

こういう機会でもないとなかなか行きづらい国に、勉強と併せてなんらかの貢献をしに行くというのは、非常にありがたい限り。

夏休みのルワンダ3週間に向けて、来週から本格始動。
posted by QL at 17:08| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

とある週末

南米から帰ってきたので涼しい気がするもののバークレーはだいぶ暖かい日が続いてます。日中は20℃近くまであがるため冬であることを忘れそう。

遊び過ぎた冬休みの反動もあり、全く予定を入れなかった週末。ポカポカなので調子に乗って海までジョギングしたはいいものの、疲れ切って昼寝するわ、筋肉痛で苦しむわ。(この調子では来月のサッカー大会が・・・)

あとサンフランシスコにドライブ。ゴールデンゲートパークからゴールデンゲートブリッジ、ロンバートストリートと回って帰宅。(今更ですが初めてです)

image-20110124001248.png


image-20110124001321.png

冬休みにいなかったため、まだ雨季らしい雨季には出会っていません。
posted by QL at 17:16| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Spring Semester

およそ1ヶ月のWinter Breakを経て、Spring(A) Semester開始。

今期の授業は以下。
【必修】
Macroeconomics(Spring A)
Operations(Spring A)
Strategy(Spring B)
Ethics(Spring B)
【選択】
International Business Development
Introduction to MOT
Designing Financial Models that Works

いよいよ選択科目の履修も開始。いろいろ取りたい科目が多いものの、単位数やビット、スケジュール等の制約もあり、上記のように決定。

既にあっという間に一週間が経過。金曜にはそれぞれの冬休みの写真を持ち寄って上映するパーティ。Brazil Trekもよかったですが、ケニアやコロンビアも非常によさそうでした。次どこに行くかが非常に悩ましい・・・。

休みを経てかなりキャンパスは就活モード。私は少し落ち着いて生活をしたいと思います。
posted by QL at 15:33| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

Winter Break 総括。

無事Berkeleyに到着。これまでの遅延がウソのように、サンフランシスコの濃霧により1時間遅れた以外は全てOn Time。しかもフライト4本のうち、2本はBusiness Classというオマケつき。かなり快適に帰ってきました。

Winter Breakは久しぶりに長期旅行をする機会を得、南米5カ国を回りました。それぞれ個性的な国でほんの少しずつしか見れませんでしたが、かなり充実感のある旅になりました。

それにしても・・・、派手に使ってしまいました。新婚旅行を(勝手に)兼ねたのとBrazil Trekという要素があったにしても、結構盛大に・・・。まあ各国物価水準(為替水準)が高かったですからね(言い訳)。今期は皆就職活動等で忙しくなり、少し控えめの生活になるはずなので、質素堅実を旨として生きていきたいと思います。

明日からはSpring Semester。クラスメイトとの再会を楽しみにしつつ、ギアをまた勉強に切り替えていかねば。今期はコア科目半分、選択科目半分。いよいよ自分のとりたい科目を取れるようになります。あっちこっちに興味が跳んでしまっている面もあるので、ちゃんと的を絞っていかないと。

posted by QL at 03:23| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

Trekに関する考察

Brazil Trekも終わり帰路に着いてます(ただいまリマ)が少し感想。

もともといってみたかった南米。ブラジルトレックがあるということで値段は安くなかったものの参加を決定。

もちろんバックパックが好きな自分としては自分たちだけで行くという選択肢がありましたがいくつかの理由によってあまり悩まず申し込み。

1. 「トレック」というものに参加してみたかった。
せっかくMBAに来ているので各国代表がこぞって企画するトレックというものを一度くらい体験するのは悪くないかと。今後も参加するかは微妙ですが、Japan Trekに向けとても参考になりました。

2. 友人たちとの交流の場
すでに仲のいい友人はもちろん、これまで話したことのなかった人たちと交流を持つことができるというのは大きなモチベーションでした。これまでもイベントには出来る限り参加してきたのは以前も書いた通りですが、やはり同じ時間を共有するのは関係を深めるいい機会になります。事実2年生も含め、また少しネットワークが広がった気がします。

3. 英語のお勉強
これは文字通り。秋学期で少しは上達したであろう英語を1ヶ月放置するとまたやり直しになりかねないので、旅行中でもその場を求めて授業料を払った感じです。

4. 普段行かない/行けない場所に行く
街、ホテル、レストラン、クラブ等、バックパックしていたら選ばないであろう場所、ローカルと一緒でないと難しい場所、みんなで行かないと面白くない場所に行くというのは1つの目的です。今回の中ではサンバの練習場などはそのいい例でしょうか。知らないし、知ってても少々不穏で近づき難い場所、かつみんなで踊らないと盛り上がりにくい場所でした。後はレストランなども非常にいい場所を選んでくれていました。


一方でどうしてもネガティブな側面も。
1. 高い。これはバックパックとは比べられない水準。旅程を消化した今でももう少し安く上がったのでは?と思う気持ちがなくもないです^^;

2. 機動力の喪失。集団行動なので仕方ないですが、それにしれも時間を守らない、決めたプランを簡単に覆すというのはイライラします。ブラジル時間なのか、はたまた参加者の属性なのか。Japan Trekでは初日から徹底しないと収拾がつかなくなるかと。

3. 全体の仕切り。これはいた仕方ないとも思いますがもう少し改善の余地はあるかと。上述の通り時間通りにいかないのは最大のミスでしたが、他にもオリジナルプランをあっさり変更しグダグダになったり、次のプランを決めていないためにアナウンスが徹底されなかったり、時間を空費したり、オプションなのかマストなのかが常に曖昧だったり・・・。

参加者からのリクエストに対し、「任せとけ。今調べてるから、わかり次第知らせるぜ」と言った切りで終わることもしばしば。調子のいいブラジル人のウインクには騙されないと心に誓いました^^;


というわけでJapan Trekでは、スケジュールの明示と時間の徹底、ロジの確保はキチッとしたいですね。後はPhotoコンテストやカラオケ大会など、なんか企画を混ぜ込んでみるのも面白いかと。
posted by QL at 14:34| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宴の終焉

14日 リオに移動
再びリオに戻っておよそ10日間の〆。フィナーレパーティまでの時間をなかなか見れていなかったリオのセントロと最大のビーチであるコパカバーナビーチを歩いて過ごし、いよいよフィナーレ。

P1040853_blog.jpg

最後もなかなか趣きのあるレストラン兼バー兼クラブのような、歴史を感じさせる建物でパーティ。なんとなく終わった感もありみんなで開放感に浸りながら呑みに勢いが増していき、何故かうちの奥様も一気飲みに参加^^;

現地集合、現地解散のトレック。帰りのフライトもバラバラのため、フィナーレパーティも翌日のフライトを勘案して三々五々撤収。

ブラジルという国のほんの少しだけしか垣間見ることが出来なかったものの、都市からビーチ、シュラスコから日本食、サンバからクラブといいとこ取りをさせてもらいました。

またクラスメイトや2年生と一緒に過ごしたこの時間はとても貴重なものでした。感謝。


さて15日。オフィシャルにはもうトレックは終了しており、フライトまでの時間にバス・地下鉄・列車を乗り継いで行きたかったマラカナスタジアムへ。ブラジルサッカーの聖地にして2014年W杯の決勝の地。今は改装中でしたがちゃんと中も見ることができました。

P1040876_blog.jpg

ブラジルトレックの終了とともに我々の1ヶ月の旅程も終了。また帰ったら振り返るんだと思いますが、とりあえず学校に間に合うよう無事に帰らないと。

フライトは安値を追求した結果、リオーサンパウローリマーロスーサンフランシスコと4本の乗り継ぎ、およそ24時間。

ちなみに今はサンパウロ。なんの手違い?か我々ビジネスクラス。ラウンジでいい感じです。
posted by QL at 06:39| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Buzios, Brazil

1月11日〜14日 お遊び @ Buzios
一通りマジメな日程も終わり、後はお遊び。リオを離れBuziosという小さなリゾート地へ移動。

リオのビーチが豪快かついろんな意味で派手なのに対し、Buziosは規模の小さめな特徴あるビーチが点在。ホテルもビーチの近くにあるリゾート風。プールもプールサイドバーもいい雰囲気でした。

P1040771_blog.jpg

ここで何をするかというと、ビーチ以外特にない^^; のでビーチに行ってバレーボールをし、ボディボードをし、ビールを呑み、水着を見ての繰り返し。日が落ちた後は少しプールでクールダウンして街に繰り出し、夕食&呑み。街は小さいながらもリゾート地っぽく歩いていて楽しいところ。なんかやたらとティーンエイジャーが多いのが不思議でしたが。

P1040728_blog.jpg

皆はチカラの限りバーやらクラブやらを渡り歩いていたようですが、我々はほどほどに撤収して就寝。衰えましたね^^;

夜の呑み歩きと連日のビーチで、皆最後はもうビーチはお腹いっぱいという感じでした。事実連日の遊び疲れと熱い太陽/冷たい海/エアコンで体調を壊す人間もちらほら。

14日に再びリオに移動。
posted by QL at 05:54| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

Rio de Janeiro, Brazil

1月8日〜11日 ビーチ+市内観光+企業訪問 @リオデジャネイロ

サンパウロとは打って変わって快晴。いくつかハイライト。

>ビーチ
美しいビーチが続くリオ。企業訪問の疲れと悪天候のうっぷんを晴らすべく、皆で連日のビーチ。お尻を大胆に出したビキニとピタピタのスピードを着たリオ人に囲まれながら思い思いに過ごしました。ただ波は結構高く潮の流れは強め。一度身長の倍は優にあるような波に呑まれたときには生きた心地がしませんでした^^;

P1040457_blog.jpg

>市内観光
と言ってもビーチに時間をさきすぎてあまり回れず。ただコルコバードの丘には皆で登り、揃いのトレックTシャツを着て記念撮影。キリスト像の麓から望むリオの街はやはり息を呑まずにはいられない絶景でした。

P1040582_blog.jpg
P1040610_blog.jpg

サンバを見に、カーニバルの練習場のような場所にも行きました。あまり裕福ではない地域にあり、タクシーで着いたときには皆で不穏な空気を感じたものの、サンバ自体は非常に激しく陽気で一緒になって汗をかいてきました。我々は夜中2時前には引き上げたものの、その時間からも続々と人が集まってきており、夜通し踊り続けるのだそうな。

P1040504_blog.jpg

>その他
ウルグアイであったリオ在住のカップルと再会。我々のスケジュールが極めて流動的
だったため当日のアポ取りだったものの快くホテルまで来て一緒に呑んでくれました。

飯は相変わらずいい物を(いい場所で)食べてます。特にシュラスコは絶品でした。
posted by QL at 08:33| サンフランシスコ ☔| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

Sao Paulo, Brazil

さてBrazil Trek。イグアスから5時間遅れて到着。ただ市街に最も近い空港に変えられたため、後は比較的スムーズにホテル着。30名強(うちパートナー1名^^; 日本人2名; スモーカー1名)の大所帯。

1月4日〜8日 企業訪問 + 市内観光 @サンパウロ
着いた日は受験生とのお茶会、参加者とのディナーで終了。翌日からは一日2社の企業訪問。

[企業訪問]
1. オリンピック&ワールドカップの他、政府の政策などビックプロジェクトが目白押し。政治の安定、収まったインフレ、コモディティ価格の好調によりブラジルの投資環境は◎

2. ブラジル経済は全セクターが向こう5年は成長する(と誰もが自信満々)。最大のボトルネックは人材。その他空港などのインフラ。

3. ブラジル経済はClosed economy (輸出入の比率が低い)。輸出はほぼコモディティ。マーケットキャップの6割はコモディティ企業。

P1040427_blog.jpg

[その他]
ランチ、ディナーは基本的に含まれていて、結構気合の入ったレストランを予約してくれてます。揚げ物や肉が多めで結構ヘビー。空いた時間を利用して東洋人街をぶらり。日系人が多いこともありマーケットは充実、日本食も美味。

P1040436_blog.jpg

連日の企業訪問と天候不良、夜のクラブであまり観光はできず。また基本的にすべてバス行動で自分の足で歩いていないためあまりサンパウロという街を知った気になれず^^;

英語が通じない環境から一気に英語難民の環境に逆戻り。奥様とともに勉強です。ちなみに奥様も元ビジネスパーソンとして企業訪問に一部参加。それなりに楽しんだ様子。

以上、大都会サンパウロ。
posted by QL at 23:05| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

Brazil Trek

MBAの長期休みには学校公認で学生主体のTrekというものが開催されます。ようはその国出身の学生がクラスメイトを連れて回り母国を知ってもらおうというもの。実際我々日本も春休みにJapan Trekを行うべく準備中。

冬休みにはヨーロッパ、チャイナ、香港、パタゴニア、ケニア、コロンビアなどの他、ブラジル トレックが企画され、私は奥様とともにそれに加わることにしました。

その中では、ブラジルのトップ企業訪問や現地OBや受験生との会食の他、文化に触れる観光、ただのお遊びまでてんこ盛り。

長い助走を経てようやく冬休みのメインイベントに到達。およそ10日間の旅程でクラスメイト30名強とブラジルを体験して来ます。
posted by QL at 05:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。