2011年01月16日

Trekに関する考察

Brazil Trekも終わり帰路に着いてます(ただいまリマ)が少し感想。

もともといってみたかった南米。ブラジルトレックがあるということで値段は安くなかったものの参加を決定。

もちろんバックパックが好きな自分としては自分たちだけで行くという選択肢がありましたがいくつかの理由によってあまり悩まず申し込み。

1. 「トレック」というものに参加してみたかった。
せっかくMBAに来ているので各国代表がこぞって企画するトレックというものを一度くらい体験するのは悪くないかと。今後も参加するかは微妙ですが、Japan Trekに向けとても参考になりました。

2. 友人たちとの交流の場
すでに仲のいい友人はもちろん、これまで話したことのなかった人たちと交流を持つことができるというのは大きなモチベーションでした。これまでもイベントには出来る限り参加してきたのは以前も書いた通りですが、やはり同じ時間を共有するのは関係を深めるいい機会になります。事実2年生も含め、また少しネットワークが広がった気がします。

3. 英語のお勉強
これは文字通り。秋学期で少しは上達したであろう英語を1ヶ月放置するとまたやり直しになりかねないので、旅行中でもその場を求めて授業料を払った感じです。

4. 普段行かない/行けない場所に行く
街、ホテル、レストラン、クラブ等、バックパックしていたら選ばないであろう場所、ローカルと一緒でないと難しい場所、みんなで行かないと面白くない場所に行くというのは1つの目的です。今回の中ではサンバの練習場などはそのいい例でしょうか。知らないし、知ってても少々不穏で近づき難い場所、かつみんなで踊らないと盛り上がりにくい場所でした。後はレストランなども非常にいい場所を選んでくれていました。


一方でどうしてもネガティブな側面も。
1. 高い。これはバックパックとは比べられない水準。旅程を消化した今でももう少し安く上がったのでは?と思う気持ちがなくもないです^^;

2. 機動力の喪失。集団行動なので仕方ないですが、それにしれも時間を守らない、決めたプランを簡単に覆すというのはイライラします。ブラジル時間なのか、はたまた参加者の属性なのか。Japan Trekでは初日から徹底しないと収拾がつかなくなるかと。

3. 全体の仕切り。これはいた仕方ないとも思いますがもう少し改善の余地はあるかと。上述の通り時間通りにいかないのは最大のミスでしたが、他にもオリジナルプランをあっさり変更しグダグダになったり、次のプランを決めていないためにアナウンスが徹底されなかったり、時間を空費したり、オプションなのかマストなのかが常に曖昧だったり・・・。

参加者からのリクエストに対し、「任せとけ。今調べてるから、わかり次第知らせるぜ」と言った切りで終わることもしばしば。調子のいいブラジル人のウインクには騙されないと心に誓いました^^;


というわけでJapan Trekでは、スケジュールの明示と時間の徹底、ロジの確保はキチッとしたいですね。後はPhotoコンテストやカラオケ大会など、なんか企画を混ぜ込んでみるのも面白いかと。
posted by QL at 14:34| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宴の終焉

14日 リオに移動
再びリオに戻っておよそ10日間の〆。フィナーレパーティまでの時間をなかなか見れていなかったリオのセントロと最大のビーチであるコパカバーナビーチを歩いて過ごし、いよいよフィナーレ。

P1040853_blog.jpg

最後もなかなか趣きのあるレストラン兼バー兼クラブのような、歴史を感じさせる建物でパーティ。なんとなく終わった感もありみんなで開放感に浸りながら呑みに勢いが増していき、何故かうちの奥様も一気飲みに参加^^;

現地集合、現地解散のトレック。帰りのフライトもバラバラのため、フィナーレパーティも翌日のフライトを勘案して三々五々撤収。

ブラジルという国のほんの少しだけしか垣間見ることが出来なかったものの、都市からビーチ、シュラスコから日本食、サンバからクラブといいとこ取りをさせてもらいました。

またクラスメイトや2年生と一緒に過ごしたこの時間はとても貴重なものでした。感謝。


さて15日。オフィシャルにはもうトレックは終了しており、フライトまでの時間にバス・地下鉄・列車を乗り継いで行きたかったマラカナスタジアムへ。ブラジルサッカーの聖地にして2014年W杯の決勝の地。今は改装中でしたがちゃんと中も見ることができました。

P1040876_blog.jpg

ブラジルトレックの終了とともに我々の1ヶ月の旅程も終了。また帰ったら振り返るんだと思いますが、とりあえず学校に間に合うよう無事に帰らないと。

フライトは安値を追求した結果、リオーサンパウローリマーロスーサンフランシスコと4本の乗り継ぎ、およそ24時間。

ちなみに今はサンパウロ。なんの手違い?か我々ビジネスクラス。ラウンジでいい感じです。
posted by QL at 06:39| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Buzios, Brazil

1月11日〜14日 お遊び @ Buzios
一通りマジメな日程も終わり、後はお遊び。リオを離れBuziosという小さなリゾート地へ移動。

リオのビーチが豪快かついろんな意味で派手なのに対し、Buziosは規模の小さめな特徴あるビーチが点在。ホテルもビーチの近くにあるリゾート風。プールもプールサイドバーもいい雰囲気でした。

P1040771_blog.jpg

ここで何をするかというと、ビーチ以外特にない^^; のでビーチに行ってバレーボールをし、ボディボードをし、ビールを呑み、水着を見ての繰り返し。日が落ちた後は少しプールでクールダウンして街に繰り出し、夕食&呑み。街は小さいながらもリゾート地っぽく歩いていて楽しいところ。なんかやたらとティーンエイジャーが多いのが不思議でしたが。

P1040728_blog.jpg

皆はチカラの限りバーやらクラブやらを渡り歩いていたようですが、我々はほどほどに撤収して就寝。衰えましたね^^;

夜の呑み歩きと連日のビーチで、皆最後はもうビーチはお腹いっぱいという感じでした。事実連日の遊び疲れと熱い太陽/冷たい海/エアコンで体調を壊す人間もちらほら。

14日に再びリオに移動。
posted by QL at 05:54| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。