2011年03月27日

再渡米

Berkeleyに帰ってきました。大震災後の日本を自分の目で確かめるための1週間。双方の実家、兄弟、会社・友人に時間の許す限り会ってきました。

結果として、一時帰国してよかったと感じています。

被災者の皆様には申し訳ないですが、身近な家族・同僚・友人たちが無事であることを確認できたこと、及び、海外の報道を見て実態がわからずにモヤモヤするということが多少なりとも減ること、は大きな収穫です。



現在の大きな課題は、被災地復興、原発・放射能の沈静化、電力の回復。

その中でも最優先は原発を押さえ込むこと。テクノロジーやその危険度については正直素人にはわかりません。その道の専門家たちの間でも様々な見解があり、また公式の発表に信頼性が失われている今、何が正しいのか正直私にはわかりません。

ただ、大気や水等の中に通常ではない、無害ではないモノが漏れ出したこと自体は事実であり、野菜や飲み水に影響が出始めている中で、「ただちに健康に影響を与える水準ではない」という説明が、将来の影響に関する含みを残しているのは事実だろうと思います。

電力に関しても、世間の目をそらすためだとか、停電をするほど切迫していないとか、諸説存在し、何が正しいのか私にはわかりません。ただ、この状態が継続すると経済に深刻な影響を与えるであろうことは事実です。また、23区内は停電なし、という状況が、東京中心部と被災地を含むその他の地域との意識の差を生んでいるのも事実だと思います。

一方で、一般家庭に目をつむってでも産業(これは23区とイコールではありません)に電力をまわす必要があると感じています。経済を止めるとモノ・カネの流れが滞り、更なる悪循環を引き起こします。動けるところは全力で動きださないと事態は長引くばかりで、日本の再生はままならなくなります。そういう意味で、自動車産業の輪番操業などは、正直いい政策だとは個人的には思えません。


経済への影響は長期化していきます。今期の一時的な損失に加え、来期以降トップライン(売上)が伸びなくなり、コストは上がり、ボトムライン(利益)は停滞します。さらに、海外からの復興援助と、ビジネスというのは全くの別問題であり、海外からの資本を含め、ますます日本はずしが広がる可能性があります。それをどう防ぎ、再生への足がかりをつかむか、非常に重たい課題です。(参考記事)

天災と人災が混ざった今回の大災害。ただ、その責任論以上に重要な議題がありそうです。



さて今回の一時帰国。個人的には結構気負っていた面は否めません。こちらでの報道、周囲の反応、つかみづらい実態に、自然とそういう気持ちになっていったのかもしれませんし、妻をこちらに残していったのもそういう判断からでした。

もちろん、上述の通りリスクは否定できません。現状も今後も楽観はできません。ただ、今回会った人たちが逞しく生活している、動き続けているのを見るにつけ、持って帰った気負いや見えない不安というようなものは多少なりとも解消していきました。

少し地に足をつけて、自分にやれることをやっていくしかないんだと思います。


いきなり帰国したにも関わらず、忙しい中集まってくれた上司・同僚・友人たちに感謝。この場を借りて御礼申し上げます。

Our thoughts and prayers are always with you and your families.


posted by QL at 15:34| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

神奈川

実家に到着して2日間。

計画停電は断続的に実施されているものの、文句は言えないと割り切っている状況。ただ、今計画停電の経済に与える影響について議論が活発になってきており、それは大災害からの復興に向けて前に進んでいる証拠かと。計画停電及び直接・間接の顧客減は、中小企業にとって死活問題。また、計画停電、生産効率減、物流の停滞は、企業の経済活動に多大な影響を及ぼしている模様。

余震が継続。一日に2−3回は肌で感じる余震あり。特に大きな支障となる規模のものではないが、これが再び被災地特に原発周辺に大きな影響を与える可能性を考えると、事態は依然として予断を許さない。

小売りは、人出は若干少ない気がするものの、通常に戻り始めている。また、ガソリンも政府の供給増のアナウンス&製油所の再開、買い焦りの一巡、車の使用減によって、この2日間で行列が消滅。価格はジリジリと上げているようであるが、給油自体に問題はなくなりはじめた模様。

東北自動車道も明日から全面復旧。陸上輸送が動きだします。


今日は姉の家に行き、甥っ子・姪っ子の子守。「地震怖くて泣いちゃったー」という無邪気な様子に何故か少し救われた気がしました。

posted by QL at 00:39| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

東京〜神奈川

帰国2日目。

今日(21日)も計画停電実施なし。

埼玉から新幹線で一路東京へ。上越新幹線は通常運行。途中埼玉アリーナを通過。窓際に荷物がずらっと詰まれており、初めて直接の被災者の雰囲気を感じる。

東京、秋葉原、銀座・有楽町は至って普通に営業。雨だったこともあり、雰囲気は重く、人出はなんとなく少ない印象は受けるものの、特に影響はなし。

家族に頼まれた電池と懐中電灯。有楽町ビックには単三電池が存在(単一、単二はなし)。コンビニからは姿を消している電池が、大型量販店や駅のキオスクにはわずかながら存在しており、購入可能。

懐中電灯はビックの特設ブースで購入。これもまあそれほど歩きまわらずにひとまずゲット。そこからプランタンのハンズに繰り出し、ベターなものを発見したため、ついでに購入。

というわけで、まあ必要なものはひとまず入手できる状態。まあ値段が通常なのかは検証しておらず、一気にふっとびましたが。

電車は、間引き運転であるものの、JR・私鉄は問題なく動いており、移動に不自由はなし。時差が狂っているため、爆睡できなかったのが不自由だったくらい。


原発・放射能に関しては、街中に繰り出している人に限って言えば特に気にしていない様子。政府も冷静な対応を呼びかけている通り、今出ている数値はCTスキャンで食らう数値以下でしかなく、身体に影響を及ぼすレベルではない。今後大きな事態の悪化がない限り、このままなんとなく収束するのかもしれません。

アメリカのメディアを見ていると、日本中が放射能に冒され、沈没寸前のような印象を受けることがありますが、こちらで見ている範囲では至って冷静。先にも書いた通り、気にして生活をしている雰囲気はないですね。そんなことをしていると生活できないですからね。

何でアメリカではあれほど、放射能に過敏なんだろう?「アメリカに放射能が飛んでくる可能性はない」とオバマさんがまじめにアナウンスしなければならないほど、また米軍が50マイル(80キロ)離れなければならないほど過敏。そんなモノを爆弾にして落としたのは誰だ?と若干突っ込みたくなる・・・


明日は計画停電実施予定。

posted by QL at 23:45| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

少し先の話


家がない、食料がない、水がない、電気がない、ガソリンがない、薬がない・・・

輸送手段がない、近づけない、モノが届かない、通信手段がない、状況が把握できない、助けられない・・・



9.0の大地震、10メートルを優に超す津波、不穏な原発・被爆・・・

これが現代の日本なのかと疑うような事態が平気で起こっている現状。

これは短期的に回復する話ではなく、長くつらい長期戦。


日々刻々と悪化する事態に焦燥感を覚え、アメリカの過剰・過敏な報道にげんなりし、遠く離れ安全地帯にいて何も出来ず、不安や恐怖を共有できないもどかしさを感じていたものが、日本に帰ってきたことで少し地に足がついて考えられるようになる気がします。

ただでさえ厳しい日本経済に課された大きな試練。

この長期戦に際して、何をしなくてはならないか、今アメリカで取り組んでいる募金の先にあることをちゃんと考えていかなくてはならないですね。


ちょっと共感したブログを紹介しておきます。食いしん坊万歳


posted by QL at 23:15| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本到着〜埼玉

とりあえず昨夜遅くに無事羽田着。

機内も出入国もガラガラでスムーズすぎるくらいスムーズ。

深夜バスで北関東方面に向かうと、心なしか夜の闇が深い? ただ意識しなければそれほどでもない。

道中、浦和の料金所辺りで緊急車両の集団とすれ違う。

電光掲示板には、宇都宮から北、福島方面は「地震通行止め」。

深夜の飲食店(吉野家、ラーメン屋等)は営業している様子。コンビニも通常営業。

奥様のご両親も健在。無事で何より。

深夜、不思議な車の列。話によると翌朝のガソリンスタンド営業に備えて、既に行列をなしているんだとか。ガソリン不足、或いは少なくとも心理的な買焦りは尋常ではない。

テレビ放送。アメリカではNHKしか見ていなかったものの、民放を見て若干違和感。Champions Leagueのサッカー放送。芸人が出るクイズ番組・バラエティの深夜放送。昨日辺りまでは地震関連一色だったようですが、ここにきて少しずつ通常に戻ってきている様子。

翌日、コンビニへ。1週間たって物流が戻ってきている様子。ないと言われていたおにぎり等の食料も棚に陳列。来ないことを見越して過発注した分が全部きて逆に困る事態も。

ただ、ビール・水・お茶、カップラーメン類、レトルト系、カロリーメイト等の保存食、電池等は棚からなくなったまま。また、懐中電灯等も巷にはないんだとか。

米。JAの直売所では、月〜水曜くらいまで異常な列が出来たものの、一巡したのか比較的落ち着いた模様。物量もあり、普通に購入可能。

朝のガソリンスタンド。スタンドから渦を巻くように尋常ではない長蛇の列。夜も驚いたけど、この列は衝撃。並ぶ気が失せる。

計画停電。週末だからか実施なし。なので、日々の生活に不自由はしない。

原発・放射能。こればかりは目に見えない不安感として存在。ただ気にしていると日常生活が回らないため、特に生活に影響を与えてはいないのかも。また、昨日の作業に一定の効果があった模様でこれも心理的に好影響を与えそう。

以上初日のレポート。
posted by QL at 16:02| サンフランシスコ ☔| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

帰国

3月11日の地震発生から1週間。

春休みに企画していたJapan Trekを中止したものの、個人的に今日帰国することにしました。

家族・友人に会うこと、そして日本の現状を肌で感じること、そして現地で何か自分にできることはないか探すこと。

SFO発のJAL便はどうもガラガラのようですね。




posted by QL at 10:23| サンフランシスコ ☔| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

昨日起こった地震に際しみんなの無事を心から祈っています。こちらの友人からも温かい言葉をもらい感謝です。
posted by QL at 02:46| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。