2011年04月15日

何故?

アメリカのOperation続編。

前々から若干気になっていたんですが、Bank of Americaの口座から毎月$20−25程度Feeが取られていました。もともとの話ではChecking/Saving/その他の口座にTotalで一定額あればFeeなしという設定になっていたはずが、どうも毎月ちゃんと取られているのでどうもおかしい。

というわけで別の用事でようやく銀行に行く機会があったので聞いてみると・・・、全部の口座の合計額と口座の設定をリンクさせていなかったとのこと。つまり、Checking口座だけを見て、Feeを発生させていたらしい。

おいおい。

天下の金融機関がそんなお粗末な処理をしていていいのか??そういうのを日本では事故っていうんでないか??と思いつつ

で、当然取られるべきではなかったFeeは全額返金。のはずが、合計$120(5ヶ月分相当)返金するとのこと。何故?人の口座から勝手に金を引き出しておいて全額戻らない?

聞くと、自分の端末からはシステム上5ヶ月前までしか戻れないとのこと。だからって5ヶ月分でいいという理由にはならないんでは?

というわけで突っ込むと彼の手には負えなくなったらしくManagerと相談。本部にリクエストを出す、が保証の限りではないという回答。

いやほんと不思議でした。

最後、彼に「なんでもっと早く来ないんだ?自分の口座はちゃんと見たほうがいい。」というありがたい忠告をいただきました。

posted by QL at 17:35| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sake Tasting

Wine Clubでは月1回程度の頻度でワインを飲むイベントを開催。

そんな中、日本通の今期代表の企画で、今回は趣向を変えて、BerkeleyにあるTakara Sake (宝酒造)でのSake Tastingを初実施。

もともとTakaraさんとは個人的に面識があったので企画段階からお手伝い。震災が起こったこともありCharityの要素を入れさせてもらい、うちの奥様が30人分(!)の日本食を振る舞い、チップないしはDonationをお願いするという形に。

酒を飲み、日本食を食らい、座ってわいわいと騒ぐ。ちょっとアメリカにはない違う雰囲気があり、参加者も楽しんでもらった様子。Donationにも快く応じてもらいありがたい限り。

感謝。

posted by QL at 17:22| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とは言いつついろいろやることはやる。

前期はイベントというイベントにほぼほぼ全て顔を出した気がしますが、今期は少し落ち着いた生活を送ろうと心に決め(結果としては他の事で手が回らなくなったのが事実ですが)、若干自粛しているSocial活動。

なので、私が参加しているのはほんの一部ですがそれでも以下のようなものがありました。

Days @ Haas:Class of 2013を歓迎する一大イベント。

All white mojito party:白い衣装を着てモヒートを飲んで騒ぐ。どうもチリが発祥らしい。

Snowboard:これは皆毎週のようにLake Tahoeに出かけてます。私は今期は残念ながら1回だけで終わりそうです。

Golf:進歩が見られません。

Dinner:IBDのGroupを我が家に招いて食事。また、Japan Trekに行く予定だったメンバーが企画して、日本食レストランでパーティを開いてくれました。

Wine Club:これは毎月の定期開催でワインテイスティング。先日やったのは趣向が変わっているので別途記載。

その他、HaasのSoccer Clubで参加している学内対抗リーグで、Playoffに進出。

posted by QL at 17:17| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注射。

IBDでRwandaに行くことを受け、VISAやら予防接種やらを手配。

予防接種計6本&錠剤服用2種類・・・どんだけ予防すればいいのやら。

Yellow Fever:黄熱病。必須。$120、保険適用なし!入国するためには受けていないといけないというシロモノ。唯一必須扱いなのに、保険がきかないとは、商売しているとしか思えない・・・

Hepatitis A & B:A型・B型肝炎。

Typhoid:腸チフス。

その他もろもろ。

日本を出る前に母子手帳を入手し、いつ何を受けたことがあるかはしっかりの確認しておいたほうがいいですね。ただ、昔に受けていたものでも、期限切れ?か何かで結局一通り受けることになるので、別に証明書を発行してもらう必要はないかと。私自身しませんでした。

それにしても、カウンセリングした医者が、「必須ではないが強くお勧めする」とあれもこれもと言ってくるので、そこはしっかり自分で判断を。受けておくにこしたことはないとは思いますが、実際南米やインド等を含め、私自身途上国に無防備に行って何もおきずに帰ってきていることを伝えたら、「じゃあなたは大丈夫そうね」と苦笑いしてくれました。

posted by QL at 16:57| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Spring B

授業について書いていなかったような。

通期科目を除いて今履修しているのは以下の通り。

- Strategy: 毎回Caseを扱い、Cold Callが吹き荒れる、これまたMBAらしい授業。扱うCaseは幅広いですが、もとコンサルの教授が教えるこの授業は、如何に結論に対して定量的な分析で裏付けるかというところに結構ウェイトがおかれている気がします。所謂Frameworkも使いつつも、どこにどれだけAdvantageがあるのか、何故そうなったのか、これからどうするのかを、毎度議論。そして如何せん課題が多い。通常の授業以外に、Caseに対するメモを書いたり、Competitive Strategy Gameなるシミュレーションゲームが並行して行われ、これまた次から次へとGroupでの課題提出を求められる若干ヘビーな内容です。私のGroupの中での役割は(なんとなく)数字担当。結局こうなるのが一番収まりがいい・貢献ができるんでしょうね。

- Ethics: 経済犯罪に何かとMBA卒が多く絡んでいるという事実を受けて、おそらく各Business Schoolで力を入れている(かもしれない?)分野。哲学的・抽象的な読み物が多いことに萎えてしまいそうですが、各授業テーマに沿ったCaseがありそれを議論したり、Gameを織り交ぜたりと、Ethicsという響きよりははるかにとっつき易くなっています。教授が過激・極端な事例をもとに、学生をゴリゴリ問い詰めていくのはなかなか見ものです。今日はCaseで扱われたLevi'sの主人公が突然登場してそのときの状況を解説するという粋な展開でした。


その他、IBDはGroupの効率がいいとは言えず(皆が全力を尽くしているとは言えず)、Group内での微妙なテンション、現地に行って有益なOutputが出せるのかという懸念、があるという状況です。これも1つ(いろんな意味で)いい経験になりそうな予感です・・・

MOTは自分たちでCaseを作るというGroup Projectが動きだしています。我々が選んだのはAmazon(のKindle)。下調べをした上で、実際にInterview等しながらCaseを作ることになっています。このGroupは結構効率的に回っている気がします。MBA2名、Engineering1名、Statistics1名の4名Group。集まる頻度は高くないものの、比較的興味・馴染みがある分野に応じて役割分担をして粛々と進めています。

また、課外でやっているコンサルProject。Bay Areaのベンチャー企業が中国Marketに出るための戦略を練るというような内容ですが、これが当初の想定以上に重い・・・。(無償ですが)実際の顧客・ビジネスということもあり、なあなあではすまないところもあり、先週の中間プレゼンでは数日間ほんと仕事を思い出すかのように働く羽目になりました。ProjectのScopeが話す度に変わったり、どんどん要求水準が高くなったり・・・。このおかげで無償で夏インターンをしてもいいかなという気持ちはなくなりました。

Financial ModelのDesignのクラス。最初は期待はずれという気がしていましたが、どうすれば(ビジュアル的&Logic的に)わかり易い、美しいModelになるかという内容が始まって少し期待していた内容に近づいてきた気がします。

その他前述したWorkshop。外部講師がやってきて、「Financial Modeling」「M&A/LBO」というテーマで先週・先々週(の土日!)とポカポカとしたカリフォルニアの気候に喧嘩を売るように、室内にこもってエクセルをいじってました。こちらももとIBである以上、いくつかのコンセプトを除いてはモデルとして目からウロコと感じるものは少なかったかもしれませんが、エクセルを如何に使いこなせていないかを痛感させられる、学びの多いWorkshopでした。ひょっとしたらこれまでの中で最も実践的な授業だったかもしれません。これを踏まえ、来期は少し実践的な科目も履修しようかという気になってきました。


と少し勉強していることを感じる今日この頃です。

posted by QL at 16:21| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その後。

怒涛の日々が続きました。

震災の前後でちょうどSpring Bが開始。日々のニュースに釘付けになり、またJapan Trekの後処理・Charity活動の開始などもあり、正直全く本業に手も気も回らずサボっていたのが第1の原因。

そして、Group Projectが4本ほど走っているという不運(そもそも選択したのは自分ですが・・・)が第2。自分だけならまだしも、Groupが絡んでいるため、迷惑をかけた分を補うべくエンジンをかけ続けたものの、なかなか追いつかず・・・ 

そして、ちょっと勢いこんで週末にWorkshopを立て続けに入れてしまっていたのが第3。

そんなわけで、こっちに来てからおそらく一番追い込まれていた3週間。「忙しい」と「疲れた」という言葉が嫌いで、仕事でもほとんど使ったことがない(はず)ですが、思わず使ってしまいそうな気分でした。


忘れないうちに備忘を。

posted by QL at 15:26| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。