2011年05月31日

Gorilla!!

P1050325_blog.jpg


5月27日
Kigali から一路、バスでVolcanoes National Parkへ、3時間強。

途中の山道で事故に遭遇。瞬間は見なかったものの、土煙をあげて今まさに横転したミニバス。その横を通りすぎてシャッターを切ろうとしたとき、少なくとも2人がバスの下敷きになっている凄惨な光景。とてもではないけど、写真を撮っている場合ではない。

我々の乗ったバスは、すぐに停車し、現地人の乗客たちがみんなで救出に。ひっくり返っているバスを元に戻し、救助活動。皆さんが無事であることを祈ります。

少々衝撃の強い光景を後に、Volcanoes へ。活火山ではないらしいこの山々は一番高い山で4500mを越す、雄大なもの。その高さ故、雲や霧が常にかかっており、所々雷雲から雷が光るなど、非常に神秘的。

そしてここでの星空も豪快。


5月28日
この国最大のアトラクション、Mountain Gorilla@ Volcanoes National Park。早朝7時に集合して、生息するゴリラの群れが割り当てられ、ガイドとともに出発。

気楽なハイキング気分でいたものの、ゴリラがいる(らしい)ところまで獣道・・・。ジャングルの中を、足を取られつつ蚊やいばらを潜り抜け、歩くこと2時間弱。ついにゴリラに遭遇。驚くことに奴らは竹林の上にベットをつくり、休憩中。ただ、相当人間に慣れがあり、我々が近づいても特に動揺する様子もない。子供ゴリラが興味を持って、近づいてくると慌ててガイドが下がれ下がれ、と指示を出したり、上から小水を放ったり、けんかを始めたり・・・。

blog_P1050312.jpg

Tracker(四六時中ゴリラに張り付いて場所を知らせたり、人間にならせたりする人たち)が竹を揺らして、安眠を妨害したことで、ついにボスキャラ登場。竹の上から堂々と降りてくる姿は圧巻。でかい。Silverback Mountain Gorillaという種で、体重250−300キロ程度。

blog_P1050339.jpg


8人の観光客は必死にシャッターを切る。1時間という限られた持ち時間があっという間に過ぎていくくらい、満足のゴリラ体験。

時に、こけたときに打ったのか、蜂にさされたのか、はたまた植物の毒針にやられたのか、腕に大きな青短が・・・。確かに一瞬ビリっと痛みが走ったので、蜂かと思っていたら、現地人に言わせると植物だろうとのこと。アジアでは漢方薬的に使われることもある植物なんだとか。というわけで、ありがたく薬をいただきました。

500ドル+ドライバー代を含めると決して安くない観光であるものの、なんか納得させられる、魅力的な体験。この国が全力を挙げて保護し、かつ目玉にしているのもわかる気がする。

blog_IMG_3641.jpg


ゴリラ体験の後は、Gisenyi(ギセンギ)へ。1時間強。


5月29日
@Gisenyi。Lake Kivuの湖畔の、おそらくルワンダ唯一の水辺リゾート?

コンゴとの国境の街でもあり、ホテルからコンゴまで徒歩5分。Immigrationで聞いたところによると、一度出国するとVISAが切れ、再入国の際には一時的な3日間のVISAしか発行してもらえないとのことで、あえなくコンゴ入国を断念。ただ、国境沿いを歩くと壁ひとつ隔ててコンゴ。壁の向こうで作業していた大工の兄さんに聞くと、やはりコンゴにいるとのこと。壁はところどころ崩れてるし、いくらでも自由に行き来できそう。

blog_P1050374.jpg

ビーチに行くと、中国人の集団がバレーボールをしてる。我々もルワンダ人とチームを組み、中国人と試合。ルワンダ人、バレーのルールはもちろん、プレーを知らない・・・。あえなく敗戦。ただ、交流という意味では十分に楽しめたかな。ただ、タオルも着替えもない状態で湖に入るのは気が引けたので、湖沿いの5つ星?ホテルでビールを飲みながら涼むことに。

blog_IMG_3726.jpg

blog_P1050385.jpg

Kigaliまで4時間弱のドライブで帰着。

posted by QL at 15:01| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

2週目

5月23日
Nyungwe National ParkからKigaliへ。Interviewを経て、Akagera National Park(の近く)へ。

ホテルでJICAの方に遭遇。水関係のProjectでこっちに2年ほど滞在されるんだとか。情報交換している中で、援助バブルで支援を競ってるというような話を聞き、なんとなく不思議な感じ。ただ全てのProjectが他国からの支援を前提としている(外からFinanceがつかないと何も進まない)この国ではやはり非常に重要なPlayer。一方で、支援を足がかりに希少な資源の権益を取りに行くという意味では、持ちつ持たれつの関係なのかもしれない。

ときに、Ethicsの成績が発表されていた。下から数えたほうが圧倒的に速い成績、さすがに驚く。課題自体は悪くなかったはずなのに・・・。そういえば学部時代の倫理学でも驚いた記憶が。まったく授業に出ず、完全に友人のノートを拝借して完璧に書き上げたと思ったらその成績。つくづく倫理観のない人間なんだと理解。

片田舎のNyungweからKigaliに移動してくると、ここが圧倒的に都会なんだと気づく。人の身なり、道路、交通量、建物、まで、Kigaliに近づいてくるにつれて徐々に、けど確実に様相が変わってくる。たかだか数時間のドライブの距離でしかないのに。この差を現地ではどう捉えているのだろう。

blog_IMG_3524.jpg

移動だけでなんとなく疲れた今日はPokerもせずに就寝。


5月24日
気づけばまたひとつ年を重ねた。特に感慨はないけれど、ルワンダで同級生と過ごしているというところに不思議な気分。ルワンダに入ってからはネットの環境が必ずしも良くないので、電話もメールも受けることなく(プレゼントをもらうこともなく)一日が終わる・・・

今日はAkagera National Parkを訪問。Interviewの後はPark内のActivityのひとつ、Boat ride。カバ、ワニ、イーグル諸々、見れるものはちゃんと見れた感じ。ただ、ゾウやらキリンやら、サファリとして期待していた大型哺乳類には会えず仕舞い。金払ってまた見に来いってことですね。このParkはタンザニアと国境を接しているので湖の向こうに見える大地はタンザニア。人間だとVISAだなんだとめんどくさいものが、動物たちは自由に往来。陸続きの国境というのは日本人的には非常に不思議。

blog_IMG_3544.jpg

blog_P1050236.jpg

blog_P1050203.jpg

blog_P1050189.jpg


ちなみにNyungweからは、コンゴの山々が陸続きに見える。コンゴはアフリカ最大の国のひとつ。交通が必ずしも発達しておらず、また密林地帯が広がるので、アクセスできない地域も多いんだとか。地球最後の秘境。確かドラえもんのテーマにもなっていたような。見ていないものが多すぎて、また来なければいけないんだろうと思う。

ランチのときには、同じく誕生日会を開いていた隣のグループのケーキをくすねて祝ってもらい、夜は中華料理とビールで乾杯。恒例のPokerも勝たせてもらい(?)、気分良く就寝。

明日でちょうど中日。集めた情報たちをしっかりまとめていかないと。

5月25日
KigaliのOfficeにて。ここだけはインターネットの環境が整っているので、メールを確認。メールの多さ、というかFacebookからのメッセージの多さにビビる。みんなマメにチェックして誕生日メッセージを送ってくれてる。これがFacebookの大きな利点なんだろう。

これまでの情報収集を踏まえてDiscussion。最後のプレゼン・レポートに向けて大きく前進。

blog_P1050170.jpg


ちなみにKigaliのレストランは非常においしい。そしていい店であっても価格は非常に手ごろ。毎晩異なる店を試す。今日はインド料理。


5月26日
朝からOffice。改めてOutlineを煮詰める。思っていることを自由に表現できないというのは非常にもどかしい。ただこればかりは拙くても聞かせるしかない。なんとなく見えたところで、今週最後のInterview。が、これが我々の仮説を全て覆す・・・。問題の奥深さと複雑さを改めて考えされられる羽目に。来週の仕上げに向けて何か付加価値を出さねばならないんだが・・・。

posted by QL at 16:25| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

Nyungwe National Park

5月21日
最初の週末。朝からNyungwe National Parkのアトラクションへ。

Canopy Walk。ジャングルに架かる吊橋を含むおよそ1時間半の行程。

blog_P1050095.jpg


宿の近くの村に立ち寄る。こんなに観光地に近いのに、好奇の目で凝視される。まあこれはこの国についてから一貫していることではあるけど。

Colobus Monkey Trail?: Colobus Monkeyの群れを見る。これはなかなか見もの。だいぶ慣らされているようで少々近づいてもすぐ逃げたりすることはなく、じっくり楽しめる。

blog_P1050140.jpg

夕方、再び5つ星ホテルへ。マネージャーとのInterveiw。彼はケニヤ人。これまた熱い話。ここまで非常にしっかりとアレンジされたProjectになっているので、これはなんとしてもいいものを仕上げないと・・・。

5月22日
朝からSwanpをめぐるTrail。約3時間。

blog_P1050157.jpg

blog_P1050160.jpg


宿に戻るとVerbet MonkeyのGroupに出くわす。交尾までお目にかかり、必死にシャッターを切る。

午後は少しリラックスしつつ、読み物を消化。明日からの移動に備える。

ここまでは、若干虫に食われた奴はいるけれど、水・食べ物にあたることもなく、順調に日程を消化。ジャングルに来てからは持っていたアフリカのイメージとは異なる、スコール・雷に毎日遭遇。この一体がアフリカに残された最後のジャングル(の1つ)というのもうなずける。ここはナイル川・コンゴ川の起源にもなっている極めて重要な地域。なかなか希少な動物たちに会うのは難しいけれど、貴重な経験をさせてもらってる。

ふと雨上がりの夜空を見たら、満点の星空。南半球であることと、星が明るすぎてどれがどれなのかいまいちわからなかったのが残念。

明日からは第2週。次のNational Park、Akagera National Parkに移動。

posted by QL at 05:44| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

IBD 第1週

5月17日
朝からOffice。前日のInterview等を踏まえDiscussion、方向性の軌道修正。

昼食後、一路Nyungwe National Parkへ。途中スーパーに立ち寄る。24時間営業だというその店はWalgreenとなんら変わらず、基本的になんでも手に入る。

Kigaliからおよそ4時間のドライブ。丘陵と畑が続く、きれいな景色。道も整備されており、快適。ただ、道路(沿い)を人が延々と歩いているのが印象的。

Nyungwe National Park、Kitabi到着。明かりがほぼなく、夜が深い。そして静寂。虫の鳴き声が聞こえるのみ。


5月18日
午前中、Tea Factoryを訪問。Rwanda Tea、なかなかイケる。比較的涼しくて多雨多湿の土地柄はお茶栽培に適しているのだとか。なのでアフリカ諸国のライバルの中でもランクの高いお茶として流通。

blog_P1050041.jpg

午後はひたすらInterview。Interviewののひとつで、アメリカ人の英語が(流暢過ぎて)わからないとのことで、通訳を頼まれたのにはアメリカ人と二人して苦笑。

それにしても、現地の人は、英語、フランス語、ルワンダ語、そして時にスワヒリ語までしゃべるというのだから恐れ入る。もちろん英語にはレベルの違いはあれど、それなりのタイトルにあればあるほど、ちゃんと言語を操る。日本では偉くなればなるほど、語学力に乏しくなるのとは大きな違い。

標高2500mほどのここは、昼間は好天に恵まれたものの、朝晩結構冷える。その分蚊などはいない。そして夜は日が沈むとほぼ真っ暗になり、(Kigaliもそうだったが)室内照明が薄暗い。それに昼間のHard Work(?)が重なって、必然的に夜が早くなる。早寝早起き。健康。


5月19日
午前中、ハチミツ栽培農場を訪問。日本で見たことのあるハチミツの採取装置とはかなり異なる、現地での伝統的な方法を採用。日本の技術を導入すれば、なんか格段に生産性はあがりそうなのだが・・・。

KitabiからGisakuraに移動。ようやっと、National Park に潜入。雷を伴うスコールに出くわす。ただ、これまたジャングルの雰囲気を醸し出していい感じ。低山性/高山性なので、所謂熱帯雨林ではないのだが、非常に密度の濃い森林が広がる密林地帯。

昨日の夜はアフリカ各国でWildlife conservationに従事し、今はルワンダにて指導にあたっているオランダ人、今日はこれまたアフリカ各国で活動しているイギリス人と話をする機会があった。相当なコミットメントをしないとなかなかこうはいかない。何か熱いものに打たれた気がするInterview。

5月20日
ルワンダに入ったときから思っていたのだが、クルマは圧倒的にトヨタが多い。道路状況もあって、4駆(Hilux or Land Cruiser)が主。南米でも日本車を結構見かけたが、ここでのシェアは圧倒的。聞くと、悪路で酷使してもエンジン・サスペンションがイカれない、そして部品のマーケットがしっかりしているのだとか。

blog_P1050078.jpg


ちなみにバイクはヤマハ、そしてホンダなんだそう。低価格の中国車も台頭してきているものの、すぐ壊れるとのことでまだメインにはならないとのこと。

前にも書いたが、山道を(夜になっても)ひたすら歩いている人の姿が目につく。この違和感を紐解いてみると、おそらくアジアの光景との違いだろうと思い至る。アジア諸国では途上国であっても、基本的にはバイク、3輪車、チャリなどの「乗り物」に乗っている。がここではその光景はない。なのでそういえば混雑・渋滞に出くわしていない。

blog_IMG_3588.jpg

今日は、午前中Interviewの後、Nyugwe唯一の5つ星ホテルでランチ(そのマネージャーとのMeetingの予定だったものの延期)。ジャングルに囲まれた高級ロッジ。リゾート気分。価格もグッと最近下がったので悪くない。午後は、人里はなれた村のレンガ工場見学。歌で歓迎され、なんかの大使になった気分。

blog_P1050071.jpg


夜ビールを買おうとしたとき、初めて「Cold or Hot」と聞かれた。うーん、Cold。


posted by QL at 05:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

Project開始。

5月15日 

書類の消化のため、早起きしようと思い6時起床!のはずが5時起床(時差を間違え1時間早く起床・・・)。溜まった書類を読み飛ばす。

外でReadingをしていたら、いろんな現地人に話しかけられる。面白かったのは、大学にApplyするという25歳の男性。英語の意味がいまいちわからないので願書を書くのを手伝ってくれという・・・項目を一つ一つ解説しながら記入するのを手伝う。

朝食は食パンにタマゴ焼き。味はなし。おそらくこの宿に泊まる限りはこの飯が続くんだろう。

宿から顧客のOfficeへ。幹線道路だけはばっちりなのにその他の道路はでこぼこ。カンボジアかネパールの悪路以上かも。

初日の朝から全開でInterview開始。夕方にはヘロヘロ。

食事は地元料理のBuffet。まあイケる。Mashed Banana?が意外といける。パンもどきのようなものはおそらく2度と手を出さない。

この国最大のアトラクション、Volcanoes National Park の Gorilla Visit $500。高い。しかもチケットを買うのに30分以上待たされる。少し切れてる$100札はまたも受け付けてもらえず。

車で送り迎えされているだけなので、ダウンタウンがどこなのかもいまいち不明なまま初日終了。

宿で昼から合流した4人目もあわせてビールを少々。ポーカーで圧勝。就寝。

posted by QL at 06:43| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rwanda着

5月14日 Rwandaに到着。

およそ9時間×2の飛行機を乗り継ぎ、Kigali international Airportに到着。アムステルダムでの1時間強を除いては座り続け。飛行機を降りると(ほんとにタラップを降りてビルまで徒歩)、やや重たいムワッとした空気に包まれる。

7時過ぎに到着したものの、こころなしか闇が深い気がする。

両替、$1≒600Rwandan Franc。ただ、$100紙幣は2003年以降のものでないと両替してもらえないとのこと・・・。

皆襟付きシャツにスラックス。非常にこぎれいな身なりをしてる。

ホテルは当然ながらお湯は出ない。ネットのアクセスもない。インド・ネパールを彷彿とさせる旅のにおい。予想(期待?)通り。

食堂であった現地人。CiscoのITトレーニングを受けてるんだとか。英語は片言ながら非常に親しみやすい。ビールは大瓶約$1なり。もう一人はどこ行った??今日先に着いているはずなのに・・・と笑いながら3人で飲んで就寝。

高地だからか、季節なのか蚊が飛び交っている雰囲気はないものの、念のためモスキートネットに囲まれて就寝。うーむ邪魔くさい。
posted by QL at 06:32| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

IBD

いよいよ待ちに待ったルワンダ出発。あくまでプロジェクトですが空き時間にもやることがてんこ盛り。

オランダ経由で丸一日のフライト。たまった書類を一気に読まねば(たぶん)。

では。
posted by QL at 02:10| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

夏休み

夏休みについていろいろと検討を重ねました。

この先二度と来ないであろう、長期の休暇。会社からの制約はインターンに関するものだけ。

当初は無給でも経験を買うという意味で、現地のスタートアップないしは、VCでも扉をたたこうかと思ってたものの・・・、今期にやったコンサルティングプロジェクトで無償での労働に若干懲りた面もあり、トーンダウン。

一方で、王道である、コンサルティングに短期間従事するという選択肢もありましたが、あまり日本に帰る気がなかったのと、冬休みに旅行に完全燃焼してしまったこともあり、スルー。

というわけで予定通り社会勉強をして過ごすことになりました。

一方で、今期の就職マーケットはだいぶ戻ってきた様子。私の知る限り皆名の知れたTech Compnayを中心に、各業界に満遍なく収まった感じ。それはInternationalも同様。みんなほぼ希望通りに決まったようで、同級生としても誇らしい限り。頑張ってもらいましょう。


こっちは、ちゃんと生きていたらレポートします。
posted by QL at 15:14| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の1ヶ月 No.2

■ その他
きりがないので時系列で。

C4C:Challenge for Charityというチャリティイベントで、平たく言うと、西海岸のMBA対抗運動会のようなもの。週末を使ってStanfordのキャンパスにてあらゆるスポーツ・ダンス・ライブが繰り広げられました。天気も最高で、奥様共々2日間のフル参加。最近は過酷なサッカーを踏まえて、多少なりとも体力が戻ったかと思ってましたが、Men's Soccer、Co-ed Soccer、Men's Volleyball、Co-ed Volleyballの掛け持ちはやりすぎでした。ホント足のいろんなところがつって大変でした・・・。Soccerについては両方とも優勝。奥様は5000m走にチアリーディングとこれまたハッスル。最後はグラウンドで飲んで、ライブで飲んで・・・。今回はケチって2日間とも日帰りでしたが、やはり泊まるのがお勧めでした。

Charity Auction: 我々がオークションに提供した我が家で日本食が食べられる権利($125!らしい)を行使してもらうべくディナーを開催。

Party Bus: 先学期にクラス対抗のCompetitionで優勝したご褒美として、Party Bus(といってもただの観光バスに酒を持ち込んで目的地まで移動)に乗り込み、Oyster Shucking(生ガキをそのまま買い、自分たちで開けて食べる、又はBBQ)をクラス皆で楽しむ。その後Berkeleyに戻ってBar、元気にある連中はそのままSFに繰り出し3次会。

Golf:100が見えてきました(?)

慶応三田会:SF支部というのがあるようで。とりあえず顔だけ出してみました。

Consumption Function / Days @ Haas 2: Days@Haas第2弾。その中で行われたConsumption Functionに、震災のチャリティ活動をするべくAsia Business Clubの助けを借りて日本テーブルをセット。日本酒に、寿司・甘味と振舞ってDonationを募りました。日本酒の量が多すぎたか、飲みすぎたか、少々はしゃいでいたようで・・・翌日ひどい二日酔い。

結婚1周年:暗黙のプレッシャーに負け、SFの高級レストランを予約。アメリカ料理としては(というかいろいろなものを混ぜたようなテイストでしたが)確かにこれまで食べた中で一番おいしかったのでは?

奥様帰国:約1ヶ月の帰国。私のIBD終了にあわせて戻ってくる予定。急に食生活が貧しくなり、ラーメンとBBQの頻度が増えたような。

University Villageの日本人会BBQ

などなど。
posted by QL at 12:48| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の1ヶ月

最後の1ヶ月のまとめ。

■Academics
- Strategy:なかなかWorkloadとしては重たい授業でしたが、Frameworkに偏った授業ではなく、どこにAdvantageがあるのか、何故か、それを如何に定量的にサポートするかに重きを置く、なかなか学びのある授業でした。期末はTake home、3時間で読んで分析してレポートを書くという、Internationalには特につらめな試験でした。手ごたえなし。

- Ethics:膨大なReadingが課される、週1回の授業。答えがないEthicalな問題に対して、如何にロジカルに答えを導き出すかという内容でした。様々な思想家のコンセプトを学びつつ、各々の観点からロジックを組み立てる。もちろん自分が持つ価値観や必然的に伴うBiasを加味して、反論に負けないような結論を導き出すか。試験もTake homeで2時間、様々な思想家の立場から議論を展開するというものでした。

- Management of Technology:毎週のReading & questions (due on Sunday!)は(特に本1冊が出された週は災難)なかなかしんどいものがありましたが、Management of Technologyについて、Caseや書籍から一般的なコンセプトを導き出しつつ、他のCaseに応用したり、戦略を考えたりと少し今後のビジネスに役立ちそうな引き出しが増えた(気もします)。Group Projectについては粛々と仕上げ、それなりの出来栄えかと。(最後UndergradのTeammate分を手分けして全て書き換えるというドタバタもありましたが)

- Desiging Financial Model That Works: 最初はどうなることかと思いましたが、最終的にはSpreadsheetのDesignに関するRuleをもとに、見栄えよく、かつ効率的なModelを組むというところに行き着いてようやっと実践的になりました。今後は少しSpreadsheetがマシに見えるはず。

- IBD: これについては帰ってきたらまとめて。

- BIS: ExtracurriclarでやっていたStartupに対するコンサルプロジェクト。これは想定以上に時間を食い、かつMBA2人、Public Policyの院生、Engineeringの学部生というチーム編成で、全く皆の時間が合わずミーティングもままならないという、最後まで不安が付きまとうProjectでした。が、結果として、顧客側(President、CEO含めてほぼ全員)に対するプレゼンに皆様満足いただいたようで、とりあえず一安心。我々の分析・提案に対してすぐさま顧客側でディスカッションが始まるといった感じで、一定のインパクトがあったのではないかと。落ち着いたら食事をご馳走いただけるとのこと。ただ、追加での仕事は出来る限りうけたくないですね・・・


これにて、コア科目は全て終了。来期からは全て選択。ちなみにもうBiddingは終わっていて、来期の履修はほぼ見えてます。希望通りVenture Capital & Private Equity、Business Model Innovation & Entreprenuerial Strategy という人気目の科目を競り落としたものの、もう1つの科目では負けてしまったので、残りの単位を考えねば。

posted by QL at 11:45| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。