2011年05月17日

Project開始。

5月15日 

書類の消化のため、早起きしようと思い6時起床!のはずが5時起床(時差を間違え1時間早く起床・・・)。溜まった書類を読み飛ばす。

外でReadingをしていたら、いろんな現地人に話しかけられる。面白かったのは、大学にApplyするという25歳の男性。英語の意味がいまいちわからないので願書を書くのを手伝ってくれという・・・項目を一つ一つ解説しながら記入するのを手伝う。

朝食は食パンにタマゴ焼き。味はなし。おそらくこの宿に泊まる限りはこの飯が続くんだろう。

宿から顧客のOfficeへ。幹線道路だけはばっちりなのにその他の道路はでこぼこ。カンボジアかネパールの悪路以上かも。

初日の朝から全開でInterview開始。夕方にはヘロヘロ。

食事は地元料理のBuffet。まあイケる。Mashed Banana?が意外といける。パンもどきのようなものはおそらく2度と手を出さない。

この国最大のアトラクション、Volcanoes National Park の Gorilla Visit $500。高い。しかもチケットを買うのに30分以上待たされる。少し切れてる$100札はまたも受け付けてもらえず。

車で送り迎えされているだけなので、ダウンタウンがどこなのかもいまいち不明なまま初日終了。

宿で昼から合流した4人目もあわせてビールを少々。ポーカーで圧勝。就寝。

posted by QL at 06:43| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rwanda着

5月14日 Rwandaに到着。

およそ9時間×2の飛行機を乗り継ぎ、Kigali international Airportに到着。アムステルダムでの1時間強を除いては座り続け。飛行機を降りると(ほんとにタラップを降りてビルまで徒歩)、やや重たいムワッとした空気に包まれる。

7時過ぎに到着したものの、こころなしか闇が深い気がする。

両替、$1≒600Rwandan Franc。ただ、$100紙幣は2003年以降のものでないと両替してもらえないとのこと・・・。

皆襟付きシャツにスラックス。非常にこぎれいな身なりをしてる。

ホテルは当然ながらお湯は出ない。ネットのアクセスもない。インド・ネパールを彷彿とさせる旅のにおい。予想(期待?)通り。

食堂であった現地人。CiscoのITトレーニングを受けてるんだとか。英語は片言ながら非常に親しみやすい。ビールは大瓶約$1なり。もう一人はどこ行った??今日先に着いているはずなのに・・・と笑いながら3人で飲んで就寝。

高地だからか、季節なのか蚊が飛び交っている雰囲気はないものの、念のためモスキートネットに囲まれて就寝。うーむ邪魔くさい。
posted by QL at 06:32| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。