2011年09月29日

誤算の一日。

今日はちょっとハードな一日。

前日から課題に追われ、朝4時くらいまで健闘・・・も空しく終わらず。

というわけで、朝から起きてあがくものの、全く終わらず。

11:00: Corporate Finance。このケースはなんとか読み終わってた。

12:30: Dean's Speaker Series。学長主催の、各方面からゲストを招いた講演。今日はGuy Kawasakiという日系アメリカ人で、90年代にAppleの隆盛に貢献したという伝説的な人物?

photo.JPG



14:00: New Product Development。

16:00: International MBA Panel。学部生に教えているMBA生が、Internationalの経験を持つクラスメートを招いてパネルディスカッションを企画。幸か不幸か、ご指名にあずかり参加。簡単な自己紹介の後は、完全にOpen Q&A。完全に行き当たりばったり・・・。

18:00: VC&PE。

22:00: 帰宅。


いやいや、何度も言うようだけどこんなはずじゃない。
posted by QL at 16:20| Comment(2) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

Dinners

2年目は学年全体のパーティというのが減った気がするものの、それでもやっぱり何かとあるもんで。

Haas Japan Club 2011 歓迎会。イベント係としての年間一大行事。

Consumption Function。Haasの月1回の恒例行事。

BIS Group Dinner。BERCで前期にやったProjectの打ち上げ。

 
日本人夫婦を招いたDinner。以前ご馳走になったので、今回はこちらにご招待。ワイン4本・・・

Study Group Dinner。何かと定期的にやってます。

Taste of Haas。Haas Alumni Networkが主催する、サンフランシスコでWilliams & Sonomaでの飲み食い放題、立食パーティ。なかなか飲めないワイナリーも来てたりして、かなり◎。その後食べたラーメンも旨かった。

アメリカ人夫婦宅でのDinner x 2。何か奥さんが料理を習うってんで頻度が上がってる。

JGRB (Japanese Graduate & Researchers at Berkeley?)歓迎会。Berkeleyにいる日本人大学院生を対象にした会合。今年の参加は60人超・・・。なんか膨らんでる。


というわけで、今月のパーティを拾っていくと結構ある・・・。そう考えると今期もあまり変わらないか。
posted by QL at 15:55| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAPA, NAPA, NAPA

今期早くもNAPA3回目。

1回目はアメリカ人夫婦と優雅なNAPAツアー。

その後、最近シリコンバレーに赴任してきた友人夫婦と2回目。

明日は以前一緒に仕事をしていたお客さんがアメリカ旅行の際に立ち寄ってくれるというんで3回目。

この収穫前ギリギリのこの時期がNAPAツアーの最高のシーズン。

Berkeleyに比べてもだいぶ暖かく、天候も安定。

快晴の下、たわわに実るブドウを眺めつつ、テイスティング。最高です。

092411_NAPA_Cakebread.JPG


少しずつ味覚が変わってきているようで、濃い目の赤がおいしく感じる今日この頃。

明日は何を買ってしまうんだろう。




posted by QL at 15:31| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

最初の1ヶ月。

夏休みからBerkeleyに戻ってきて早1ヶ月。ほんと早い。

週3日の美しいスケジュールに浮かれていたのも束の間、生活は決して楽にならず・・・。とった授業が悪かったか、単位を取り過ぎたか、課題たちに全力で追われている。

-VC/PE
これは毎週の課題が重い。授業自体も濃くエキサイティングなので不満はないんだけど、なかなか厳しい。今週の課題は、実際のビジネスプラン20社分を読んで、どの企業のDue Diligenceをするかをチームで決めろ、というもの。次の課題は、自分たちで会いたいと思うVCにコンタクトを取ってInterviewして来い、というもの。と思ったら、個人でValuationの課題。いやいや、なかなか。

-New Product Development
Experiencial Learning (実際に手を動かすタイプのProject)、かつMOT (Management of Technology:Engineeringを中心に他学部と共同でやる授業)。これまた次から次へと課題がやってくる。Projectの候補を20個各自考えて、一番いいと思うやつをプレゼン。そして学生の投票を経て、Project/Teamが決定。早速動き出しました。これについてはちょっと面白いのでまたの機会に書きます。


その他、5つの授業がフル回転。自体を悪化させているのは、ほぼ全ての課題がTeamに課されるということ。自分ひとりの責任であれば、ま、手を抜いてもいっか・・・となるものが、ちゃんと貢献しないと迷惑をかけることになるので、そうもいかない。

となると安眠を削り、週末を少々おとなしくするしかない。けどそうもいかない。ふーむ。なんとなくせわしない毎日が続きます。

posted by QL at 07:18| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのOperation 続編

あっという間に時間が過ぎていきます。2年目はだいぶ優雅になると聞いていたんだけどなー
で、いろいろ書く前に現在抱えているイライラ問題。

アメリカに来た当初買ったiPhone。キャリアは当時AT&Tのみ。AT&Tのサービスが悪い(カバーエリアが狭く非常に不便なことが主な理由)ことは聞いていたけど、選択肢はなし。(その後ベライゾンでも導入されたので、恐らく今から入る人はそっちに流れているのでは?)

さて、購入にあたってSSN (Social Security Number)がないということで、デポジット($500 x 2)を取られ、1年後に返金という形になりました。まあこれはしょうがない。

で、1年後。チェックが送られてくるはずがこない。ふー。

で、やむなくAT&Tストアに行くと、デポジットに関してはCall Centerでしか受けられないとのこと。

で、電話。お兄ちゃんに、電話番号、名前を確認されたところまではいいとして、本人確認のためにSSNを言えとのこと。

ん?わけがわからん。

デポジットを払ったのはそれがないからだろ?そう丁寧にお伝えしても埒があかない。それがないとお前のアカウントにアクセスできないとのこと・・・。やれやれ。

しょうがないので、AT&Tストアに再度訪問。そういう場合にはAT&T側で、それようの四桁の番号を振っているらしい。それって俺は知っているはずなのか?と聞くと、少なくともAT&T側の人間は認識しているとのこと。やれやれ。

で、再度電話。そうするとチェックは7月に発送されているとのこと。いや、受け取っていない。そんなこんなでクレームが上がり、チェックを再送することに。約2週間かかるから、それで来なかったらまた連絡せいと。

で、やっぱり来ません。再度電話。ただ紙を送るだけなのになぜ2回も失敗する?

で、またクレームが本部に上がっています。今度は銀行に直接振り込むようにすると。

Q: じゃ、なぜ前回そうしない?
A: I don't know。

出た!決め台詞。そうですよね、やったのはあなたではないですよね。

Q: いつ振り込むのか
A: 本部の決裁を経てからなので、およそ1週間。

Q: まさか振り込み手数料とかとらないよな?
A: AT&Tはとらないけど、銀行に関しては我々の問題ではない。

Q: チェックの送付に2回も失敗したのは誰だ? 銀行振り込みになって、手数料抜かれたらアポくさい。
A: 私の仕事は情報を集めて、担当者にクレームをあげること。

はいはい、ありがとう。わかりました。


顧客満足度下位ランキング:Comcast, DMV, AT&T, Bank of America, Union Bank。
独占企業のComcast、お上のDMVを置いてといても、落ちている企業ってのは理由があるんでしょうね。


posted by QL at 06:59| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

Fall 2011

さて、Add/Drop期間が終了し正式に履修が決定。本格的に始まりました。今期の履修はいろいろと授業を見て回り、しつこく取りたい授業に空きが出るのを待ったりしてなんともいい感じの出来上がり。

4月病であることを若干認識しつつも、まあ興味あるものを取って行こうということで、フル単位14 unitsのところをなんと16 units。それでも週3日(!)のスケジュールに収まってしまったので、月・水は脳みそがとろけそう。

- Venture Capital & Private Equity
これは受験中のessayにも書いた、最も取りたかった授業の1つ。現役のVCのPartner3人が生の素材をもとに、VCの実際を教えるという人気授業。構成もしっかり練られていて、Guest Speakerも頻繁に来たりと、課題や読み物の負荷はあるものの、かなりExcitingな内容。早速の課題の1つに、Venture CapitalistにInterviewしてくるというのがあり、少しでもBig Nameに会えるようにチームで検討中。

- Private Equity Speaker Series
これは毎週業界からGuest Speakerを招いて話を聞くという、学生が企画・運営している授業。

- Investment Strategies & Styles
Fund Manager歴40年で、$2 Billionを運用している教授が教える投資の授業。彼の経験とGuest Speakerを組み合わせて、様々なAsset Classにおける様々なInvestmentについて学ぶ。毎回の読み物が膨大すぎるものの、少しでもMarket/投資家に対する理解が深まればと思って履修。

- Social Investing
最近のトレンドでもあるSocial Responsibility Investment / Social Impact Investmentについて、週末2回に渡って学ぶ授業。これまた読み物が多すぎてにわかには信じられないけれど、将来的にVC/PEの中で、社会的なインパクトのあるような投資をする、という興味に沿って履修。

- Corporate Finance
読んで字のごとく、CoreでのFinanceの続編。知識のBrash upと少しでも新しい学びがあることを期待して、また馴染みの分野でのGroup Workを通じてソフトスキルも磨ければという期待を持って履修。

- New Product Development
前期に続いてMOT (Management of Technology)の授業で、IBDと同じくExperiencial Learning (体験型学習?)に分類される人気授業。MBAとEngineeringの半々のクラスで、Groupで新商品の開発をする(商品にもよるけれど、本当にラボで試作品を作る!)という内容で、あまりにも未知の分野すぎてどうなるのかはわからないけれど、Innovation Processを実際に体験できるとあって、期待大。

- Business Model Innovation & Entrepreneurial Strategy
Start-upと"Business Model"のInnovationにフォーカスしたStrategy系の人気授業。Caseや実際の起業家を招いてそのBusiness Modelについて考察、その良し悪しやInnovationの要素またその可能性について探るという内容。

- International Business Development (IBD)
これは前期に履修したIBDのまとめ。最後発表会が待っています。

というわけで、気づいてみたら少々Financeに偏った感じはあるものの、Finance, アントレ, Techの周辺でいい感じの出来上がり。以前に書いた通り、Academicな目標もしっかり達成していかないと。

posted by QL at 16:50| Comment(1) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。