2011年02月28日

VISA

日本からの米国への留学生として学生VISAをとるわけですが、種類としてはF-1かJ-1の2種類。

取得の際、誰から教わったわけでもないですが、なんとなく周りも同じだからという理由でF-1を違和感なく取得。それはそれでMBA生として全く問題はないんですが、問題はパートナー。

J-VISAであればパートナーは学校に通うことも就労も自由と、格段に自由度があがります。一方でF-VISAは就労不可、学生になることも不可と、大きな制約を受けることになります。

特に直前まで働いて退職してきたパートナー、或いは時間を有効に仕事をしたい或いは学生になりたいパートナーがいる場合には少し注意してVISAを取得する必要があるかと。

条件としては留学に際しスポンサーがいるか否かであったと思うので、社費の人間であれば特に支障はないはずなので、よく調べて検討されるのがよろしいかと。特に誰も教えてくれないので。

あと、VISAをもらったら、VISAに記載されている情報をきちんと確認し、間違いがあればすぐに対応することをお勧めします。近くに、パートナーなのにF-1(学生ビザ)をもらってしまい、渡米後帰国しなくてはならなくなった事例、有効期限が既に切れているVISA(日付の誤植)を受け取り飛行機に乗れなかった事例と、笑えない事例が多いので。

posted by QL at 13:35| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。