2011年03月24日

神奈川

実家に到着して2日間。

計画停電は断続的に実施されているものの、文句は言えないと割り切っている状況。ただ、今計画停電の経済に与える影響について議論が活発になってきており、それは大災害からの復興に向けて前に進んでいる証拠かと。計画停電及び直接・間接の顧客減は、中小企業にとって死活問題。また、計画停電、生産効率減、物流の停滞は、企業の経済活動に多大な影響を及ぼしている模様。

余震が継続。一日に2−3回は肌で感じる余震あり。特に大きな支障となる規模のものではないが、これが再び被災地特に原発周辺に大きな影響を与える可能性を考えると、事態は依然として予断を許さない。

小売りは、人出は若干少ない気がするものの、通常に戻り始めている。また、ガソリンも政府の供給増のアナウンス&製油所の再開、買い焦りの一巡、車の使用減によって、この2日間で行列が消滅。価格はジリジリと上げているようであるが、給油自体に問題はなくなりはじめた模様。

東北自動車道も明日から全面復旧。陸上輸送が動きだします。


今日は姉の家に行き、甥っ子・姪っ子の子守。「地震怖くて泣いちゃったー」という無邪気な様子に何故か少し救われた気がしました。

posted by QL at 00:39| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西葛西こないの?
Posted by キャプテン at 2011年03月24日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。