2011年03月27日

再渡米

Berkeleyに帰ってきました。大震災後の日本を自分の目で確かめるための1週間。双方の実家、兄弟、会社・友人に時間の許す限り会ってきました。

結果として、一時帰国してよかったと感じています。

被災者の皆様には申し訳ないですが、身近な家族・同僚・友人たちが無事であることを確認できたこと、及び、海外の報道を見て実態がわからずにモヤモヤするということが多少なりとも減ること、は大きな収穫です。



現在の大きな課題は、被災地復興、原発・放射能の沈静化、電力の回復。

その中でも最優先は原発を押さえ込むこと。テクノロジーやその危険度については正直素人にはわかりません。その道の専門家たちの間でも様々な見解があり、また公式の発表に信頼性が失われている今、何が正しいのか正直私にはわかりません。

ただ、大気や水等の中に通常ではない、無害ではないモノが漏れ出したこと自体は事実であり、野菜や飲み水に影響が出始めている中で、「ただちに健康に影響を与える水準ではない」という説明が、将来の影響に関する含みを残しているのは事実だろうと思います。

電力に関しても、世間の目をそらすためだとか、停電をするほど切迫していないとか、諸説存在し、何が正しいのか私にはわかりません。ただ、この状態が継続すると経済に深刻な影響を与えるであろうことは事実です。また、23区内は停電なし、という状況が、東京中心部と被災地を含むその他の地域との意識の差を生んでいるのも事実だと思います。

一方で、一般家庭に目をつむってでも産業(これは23区とイコールではありません)に電力をまわす必要があると感じています。経済を止めるとモノ・カネの流れが滞り、更なる悪循環を引き起こします。動けるところは全力で動きださないと事態は長引くばかりで、日本の再生はままならなくなります。そういう意味で、自動車産業の輪番操業などは、正直いい政策だとは個人的には思えません。


経済への影響は長期化していきます。今期の一時的な損失に加え、来期以降トップライン(売上)が伸びなくなり、コストは上がり、ボトムライン(利益)は停滞します。さらに、海外からの復興援助と、ビジネスというのは全くの別問題であり、海外からの資本を含め、ますます日本はずしが広がる可能性があります。それをどう防ぎ、再生への足がかりをつかむか、非常に重たい課題です。(参考記事)

天災と人災が混ざった今回の大災害。ただ、その責任論以上に重要な議題がありそうです。



さて今回の一時帰国。個人的には結構気負っていた面は否めません。こちらでの報道、周囲の反応、つかみづらい実態に、自然とそういう気持ちになっていったのかもしれませんし、妻をこちらに残していったのもそういう判断からでした。

もちろん、上述の通りリスクは否定できません。現状も今後も楽観はできません。ただ、今回会った人たちが逞しく生活している、動き続けているのを見るにつけ、持って帰った気負いや見えない不安というようなものは多少なりとも解消していきました。

少し地に足をつけて、自分にやれることをやっていくしかないんだと思います。


いきなり帰国したにも関わらず、忙しい中集まってくれた上司・同僚・友人たちに感謝。この場を借りて御礼申し上げます。

Our thoughts and prayers are always with you and your families.


posted by QL at 15:34| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。