2011年12月02日

the end of Fall 2011

期末を前にして続々と授業が終わります。

- Investment Strategies & Styles
Money Management暦ウン十年で先日一線を引いた講師が教える授業。Efficient Market Theoryを否定し、Riskとは何か(β? Standard Deviation? or what?)を考えるところから始まり、Guest Speakerを招いて、各投資論/手法(Growth, Value, Warren Buffet, George Soros, Hedge fund, Family Office, etc)、その他Asset Class (Debt, Private Equity)などをカバーし、最終的にはAsset Allocationを検討するPaper提出。IBとして、投資家側の視点を広くカバーできたのは収穫でした。少し影響を受け、いまさらながらWarren Buffetの本を購入することにしました。

- Private Equity & Venture Capital
現役VC3人が講師となり、VCになる方法、或いはVCから資金を調達する方法、をテーマに、業界の全体像、キャリアの考え方から始まり、Investment Selection (strategy/criteria), Valuation, TermsといったTool、Toolを使ったヘビーな課題の数々、各種投資スタイル・ステージ、Exit/Liquidityと言ったことをCaseやGuest Speakerによって理解を深めるといったような内容。講師3人がそれぞれ独自のスタイルを持ちつつ、各々に相当熱く、クラスを巻き込んでいくので各回非常に熱気に包まれ、学びの多い、おそらくこれまでの中で1・2を争う充実した授業でした。

- Private Equity Speaker Series
Private Equityに関わるスピーカーが話をする全6回シリーズ。Bain & Co、メザニン投資家、IB(Morgan Stanley、Goldman Sachs)、Limited Partners (CalPERS, etc)、KKR、TPG、Greyrock等、各パートナーたちが登場し、だいぶ豪華な陣容でした。だいぶクセのある人も多かったけど、飾らずに突っ込んだ話が聞けてなかなか面白かったですね。


こう見ると結構偏ったの匂いがするラインナップですね〜。

残すところ後2つです。
posted by QL at 15:00| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。