2012年05月01日

Spring 2012: Design & Development of Web-based Products and Services

Web Designの授業。

これも毎期取っているMOT系の授業で、EnginerringやInformation School等と共同で、Web上のサービスを開発しようという、Experiencial Learning。

UserのNeedsを掘り出すところから、Needsに対するSolution、Benchmarkを分析しつつConceptの考案、Wireframe作成、Feedbackを受け再構築、Prototypeの作成、SEO/SEMの検討、α版のリリース、A/B testingから(Google) Analyticsと一連の流れをProjectで行う。

初めは1人チーム、そこからクラスメートのVotingによるSelectionを受け2人チームへ、そして最終的には4人チームへと絞られていき、なかなかと思われるアイデアも中には存在。

お客さんと話す上でも、是非基礎的なところを押さえておきたいと思ってとった授業で、プログラミングだなんだという知識が皆無の中で挑戦した授業。蓋をあけてみれば、もちろんその辺りに土地勘のあるチームメイトがいるし、Prototypeも既存の(無料の)Platform上で作成したので、自分でも見よう見まねで参戦。

最終的には我々のチームはRSS/News AggregationとWikipediaの中間のようなサービスを開発(しようとPrototype)。もちろんちゃんとDynamicに機能するWebを作り上げるのは時間的にもキャパ的にも全く足りないけれど、そんなイメージをなんとなく持てたこと、彼らが使う言葉をある程度理解できるようになったこと、また1つCross-FunctionalなGroup Projectを経験できたことは学びだったかと。

それにしても世の中あらゆるものがFreeで利用できる環境が整っていて(もちろん一定のレベルを超えるとFeeのかかるBusinessになるわけですが)、誰もが知っている有名企業から聞いたことのない無名企業まで、各分野で強力な存在感を有している、そして日々激動しているというのはやはりExcitingであり、Businessの匂いがする分野ですね。

posted by QL at 15:18| Comment(0) | MBA授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。