2010年08月14日

Cable TV by Comcast

入居からちょうど2週間。ようやくCable TVが正常に動き出しました。というわけで積もる話を一気にまとめてみます。

入居早々、同期の車を借りて薄型テレビ(DVD付)を購入。車よりベットより教科書より、まずはテレビという順序で私の意気込みが感じていただけるかと。

で、接続を試みるも、肝心のケーブルがない・・・。そうですよね、ケーブルは自分で調達ですよね。Best Buyのお兄さんも当たり前過ぎて聞いても教えてくれなかったか。

翌日、ケーブルを購入し接続を試みるもなんか不調。賃料に含まれているはずの無料分(100チャンネル超!)が30チャンネル弱でしかも画像が不鮮明という状態。何かがおかしい。テレビは最新だから、ケーブルか?ということで再度ケーブルを変えて(再購入して)挑戦。変わらず。

翌日、アパートの契約書を読み直しつつ、アパートのレンタルオフィスに問い合わせ。どうもCable Boxというコンバーターが必要ということが判明。それは近くのComcastのオフィスでもらえる、とのことで早速調達。意気揚々と接続し、Comcastに電話してBoxを有効にしてもらう。が、「One Moment Please」という無常の画面が出るのみ。電話のオペレーターとやりとりしながらあれやこれやと調整するも変わらず(写らず)。しまいにはオペレーターが、これで写らないならBoxが壊れているとしか思えない、ということで再度オフィスに行き交換してもらうことに。

が、ついたのが6時をちょうど回った時刻。営業時間は6時まで。中にはまだ客がいるのに入り口は閉められ、中の人間に合図を送るも、今日は終わりだ、明日来い、と客に対するものとは思えない対応。お前らのせいで何回も足を運んでやってるんだぞ、と(つたない言葉で)伝えるも、ハイハイハイっとあしらわれる。顧客サービスはどこいった?

翌日、新しいBOXを入手(彼らからの謝罪はなし)、再挑戦。オペレーターと再度やりとりするも状況変わらず。どうなってるんだ?ということで、相手側も「テクニシャンを派遣する」とのこと。

数日後(土曜の朝7時半)、その「テクニシャン」らしきアフリカ系アメリカ人のお兄ちゃんが手ぶらで登場。不安と期待を抱いてその作業を見ていたら、全く問題が解決できない・・・、というか問題の所在がわからない・・・。アパートの配線/データルームに問題があるかもしれないから見る必要がある、というも、土曜の早朝にレンタルオフィスの人間がいるわけもなく、いったんその場は帰るから、後でレンタルオフィスの人間と話がついたら連絡をくれ、時間ができたらすぐくる、と撤収。状況がわからないまま、オフィスの営業時間に状況を説明に行き、平日なら責任者が来てその部屋を開けられるということで、「テクニシャン」に連絡。が、応答なし。え、まさかのトンズラ・・・!?

いやいや、まさかと思ったものの、何回かけても電話にでない。ので、レンタルオフィスに再度相談。他の入居者は問題ない、あなたが始めてのケースだ、Cable TVは業者(Comcast)が管轄しているから我々はよく知らない、Comcastはほんと一緒に働きづらい、とのこと。レンタルオフィスも前面に出て問題にあたりたくないらしく自分たちからは動かない。そしてそのアパートの営業担当というComcastの人間に電話をしたら解決するのではということで、電話。不在。コールバックなし。

翌日、再度自分たちでTV, Cable TVのマニュアル等をすべてひっくり返し、考えうる限りの措置を試みる。不調。そこでTVのマニュアル等も含めてすべてComcastのオフィスに持ち込み、BOXが本当にテレビにあっているのか確認、ちゃんとしたものを渡すよう要求。そうしたら、このテレビが最新なのでハイスペックのBOX(HDMI対応)が必要だという。しかもそれが、一番最初に小さなBOXを渡してきた張本人。笑顔も謝罪もなく、不機嫌そうに当たり前でしょといわんばかりの対応。だったら最初からよこせ・・・(しかもBasicではないので月額8ドルかかるという)

で、今度こそ、と試みるも全く状況変わらず。「One Moment Please」・・・。こっちは10日間待ってる・・・。

その前後でアパートの営業担当者からようやくコールバック。(フラストレーションとあわせて)状況を説明。「サービスのアップグレード等なら私に電話してくれ。私はテクニシャンではないから詳しくはわからない。あなたがやるべきことはオペレーターに電話してテクニシャンを呼ぶことだ。」って。おいおい。その「テクニシャン」はどこかにドンズラしたって・・・

「最新の」BOXをもって、オペレーターとやりとりしても全く状況が進展しないので、結局再度「テクニシャン」を呼ぶことに。これで解決しないともうさすがに打つ手がない、ということで期待できない「テクニシャン」に期待するしかない。ただ、今度は不測の事態も想定して、平日の真昼間、誰とでもアクセスできる時間帯にし、レンタルオフィスにも連絡。責任者とプロパティマネージャがその日その時間に対応できることを確認。

当日、ひょっこり現れたのは、この前ドンズラした「テクニシャン」。おいおい、どのツラさげてやってくるんだ?「ハーイ!」じゃねーだろ・・・。しかもまた手ぶらか・・・。

レンタルオフィスの人間もいったんは同席したものの、何かあったら連絡してくれ、と早々に引っ込む。配線のスプリッターを交換するも状況変わらず行き詰る。「もしかしたらBOXに問題があるかも」って、だからそれは「最新の」をオフィスでもらってきたんだって・・・。暗雲。

彼のなかでキャパオーバーらしく、より新しいBOXを試してみよう、取ってくる、と言ったきり1時間弱戻らず。まさかの再トンズラかと笑えてきたときに、今度はお姉さんを連れて戻ってきた!彼女は自分のスーパーバイザー
で、ベストだとのこと。ん?そういえばお前さっき、新しいBOXを取ってくるって言ってなかったか?もういいや。いちいち突っ込んでると付き合いきれん。

しかし、そこから事態は急展開。お姉さんはいろんなツールをもっていて、部屋に来るなり通信状況を機械で計測、「No signal」と断定、すぐにData roomに直行、レンタルオフィス立会いのもと、配線をチェック、どうもプラグとケーブルのつなぎはまずかったらしい。このフロア、というかアパート全体でも私の部屋だけ・・というなんという幸運。

部屋に戻って再度スプリッター等の微調整。すると画面上にこれまでなかった反応!

というわけで、2週間弱に渡るCable TV問題は終結。問題がもともとの配線の話だとすれば、我々にどうにかできる話ではなく、完全に徒労だった感じですね。まあいろいろな学びと思うところはありますが、この辺でやめておきます。

ただ、せめてはずしたネジは締めていけ・・・


posted by QL at 16:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

Berkeley Workshop

さて、バークレー到着から2週間。@生活のセットアップとAWorkshopを並行してやってきました。

@セットアップ:自動車購入

その後、大きなイベントといえば車の購入。Berkeleyは公共交通機関がそれなりに発達しているため車は不要との声もあったものの、日々の生活およびレジャーを考えるとやはり必要との結論に。
とはいうものの、今後の生活の余裕資金も考慮して、イニシャル(およびランニングも)をできる限り安く・・・、ということで大きく/新しい/SUV/日本車は断念し、コンパクトで/新し目の/ハッチパック/アメ車という出来上がりになりました(平日主に使用される奥様の嗜好が強く反映された格好になりました・・・)。

新車 vs 中古車という議論は、好き好きでしょうか。最終的には買値と売値の差額がコストになるので一概にはどちらがいいとは言い切れない部分があります。ただ、新車が中古車になるときに一旦値段が落ちる、その後は相当のマイル(走行距離)走っていても中古車の値持ちがいい、ということで、私の結論は中古車ということになりました。

中古車をどこで買うか、もひとつの要素ですが、一通り歩き回った後、ここなら買ってもいいかという安心感を得られたのは日系のディーラー(応対は外人ですが)。そういうところはえてして品揃えがよく(当然いい値段で)、買って早々に壊れて騙された!、というようなことがなさそう(と感じられる)でした。ということで、まあ即日決定。(もうひとつ気になっていた車種もあったんですが、その日一切見当たらなかったため断念)。

なお、セールスマンと一通り値段交渉し、ようやくニギッた後で、今度はFinancial Directorとかいう、お金周りと書類周りを担当する人に交代する分業体制。その個室で、車のAlarm Systemをセールスされ難儀しました。もともと在庫の状態でシステムをつけてあって、売却時に継続する(顧客が購入する)か切断するかという判断を迫るというもの。ディーラー側からすれば追加のコストなんてかからない、丸々利益な商品。こちらは現地での相場を知らない、かつこの界隈の危険度を身で感じていない素人なので、その場での即断を迫られるとなんとも立場が不利。えー、はい、購入しました・・・。

その前の値段交渉(仕入値表まで出してきて俺の利益はこれしかないんだ、と力説)の後、シレっと交代したあの親父にやられたかなー。車体自体で利が出なくてもAlarm Systemが丸儲けなら言うほど悪くない(もちろん仕入値に加算されていた車体整備費にもちゃんと粗利が乗っている)はず。まあ、税金その他コミコミで予算上相当浮いているのでそれほど文句はないのですが。

なお、その場で乗り出しはできず、後日支払い(Casher's Check)と保険を整えて(保険のコピーをとられる)終了。保険はAIU(の子会社)が仲介する保険会社で即日(翌営業日より効力発生)で対応してもらえたのでスムーズでした。えー、過去の交通違反を正直に回答したら保険料が跳ね上がりましたけど。


セットアップ:自動車免許ペーパー試験

新しいI-20を得てようやくペーパー試験まで辿り着きました。しかも結局日本語で受けたので、なんとなく常識の範疇で行けたという感じでしょうか。無事奥様も合格したので、後は実地試験。


セットアップ:ベット

これもようやく揃えたというところですね。イケアやらその他家具屋やらを見て回ったもののいまひとつピンと来ず(イケアも決して安くなく、デリバリーと自分での組み立てを考えるとあまりいい選択肢ではないと判断しました)、購入に至っていなかったのが、何気なく入ったアジア系の家具屋で発見。ようやく我が家にベットが加わり、大きなところは出揃った感じですね。

セットアップ:ケーブルテレビ

この話は長くなりそうなので、後日にまわします。いろんなことを学ばしていただいているエピソードです。


AWorkshop
先週はMath/Stat。今週はFinanceとAccounting。朝から夕方までこってりやると消化不良になりますね。ただ、名物教授(と思われる)がわかりやすく講義をしてくれるので、MBA前の補講としては意味があったんではと感じてます。ただ、時間が限られる分、詳細の説明を省いている部分が多いのと、こちらも聞いてわかったつもりになっているだけなのとで、本科が始まったらいずれにせよ苦労するはずです。

ただ、上記のほかに、友人を作る、現地の情報を得る、セットアップをするという点で、Workshopには意味があるものと感じてます。

写真は、先週Google本社にセミナーを聞きにいったときのものです。シリコンバレーに近いことの利点でしょうか。

P1020533_blog_2.jpg

posted by QL at 15:16| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

終わりと始まり。

だいぶサボりましたが、この2週間なんかバタバタでした。少し振り返りつつまとめてみたいと思います。

@サマー@UCLA終了。
あっという間にUCLAの夏が終わりました。なんかひと夏終わってしまったような少ししんみりした気分でした。

サマー最終週はAccountingのFinalとBusiness Communicationのプレゼンでバタバタするうちに過ごし、同日のMove-outを迎えました。

その前の週末にSix Flagsという絶叫マシンばかり揃えてある遊園地で最後の余暇を楽しんだ後は、ひたすらFinalに向けた準備になってしまいました。(ちなみにSix Flagsの「X2」という絶叫系はお勧めです。)

P1020471_blog.jpg


非常にきれいなキャンパスでした。
P1020433_blog.jpg

Getty Centerもお勧めですね。
P1020497_blog.jpg

最終日レアルがUCLAで練習してました。どうもLAギャラクシーとの試合前調整のようです。(ミーハーなだけの私には誰が誰なのかさっぱり・・・)
P1020477_blog.jpg

最後はよく行ったBarで〆。
P1020513_blog_2.jpg


Aバークレー入り。
7月30日。いよいよバークレー入り。朝LAの寮を引き払い、飛行機でSFに移動、4時近くに新居に到着、5時からは日本からの荷物の搬入という強行スケジュールでした。ただ引越業者(商船三井ロジスティクス)が搬入から荷解き、組み立てまでやってくれた分、その日のうちになんとなくの形になりました。

翌日から本格的にセットアップ開始。土曜には街歩きをしつつ、買い物に出かけ、日曜にはMBA同期から車を拝借し、ベストバイとイケアで大きな買い物(テレビ、テレビ台、タンス、プリンタ、その他もろもろ)。いきなりフリーウェイで出口を間違え、サンフランシスコへの橋を途中まで渡ってしまいましたが・・・

家は期待通りなかなか快適で、(家具たちを実際に置いてみると)意外と広く感じられますね。私が学校に行っている間も奥様が住居を整えてくれたので、今週でだいぶ完成だと思います。あとはベットと車ですね。

ただ・・・寒い。非常に冷えます。冷夏を通り越して、秋から冬に向かいそうなそんな天気です。まあ家から学校ま上り坂をチャリで通うと汗ばみますが。

BSummer Workshop開始。
8月2日より、早速プレMBA的な補講。今週はMath/Statistics(Quantative)の講義です。新入生の大多数が参加しているため、非常にソーシャルな雰囲気で始まりました。クラスサイズが小さいので少しでも早く全員の名前と顔を一致させたいですね。また、教授が非常にユーモアに富んでいて、学生を飽きさせず、またあくまでBusiness Schoolの学生に向けた、メリハリをつけた教え方が非常に印象的です。

その他、Workshop、Orientation、Welcome Partyという学校関係と家のセットアップ関係で今週は一気に終わってしまいました。

来週からはFinanceとAccountingの授業が始まります。
posted by QL at 16:01| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

SF/Berkeley観光。


L.A.に戻ってきました。今日は7月4日、そう、アメリカの独立記念日。遠くの方で花火の音が聞こえます。このあたりだとSanta Monicaのビーチが一番規模がでかくていいとのこと。来年はアパートからSan Francisco Bayの花火が見れるかもしれません。

さて、サンフランシスコ滞在の備忘録を。

今回はHostelling International - City Centerに滞在。朝食、ネット込みで30ドル弱。ルームメイトはスペイン人姉弟とイングランド人2人。今回はCo-Edでした。つまり男女混合ですね。部屋に入ってスペイン人のお姉さんがいたときには少々驚きました。最近あまり見ない形態だと思っていましたが、まだあるんですね。(ただ皆さんが想像するようないかがわしいものではありません、悪しからず・・・)

初日はSFの空港から直接バークレーに。前述の通りアパートの下見をして、中古車屋と家具屋を巡って帰ってきました。夜はルームメイトにお勧めされたベトナム料理。Kindle片手にビールを飲んでました。

2日目は朝早く起きて、アルゼンチン vs ドイツ戦。2点目の時点で勝敗は決まりましたね。アルゼンチンの緩慢なプレー、本気で追いつく気はなさそうでした。

続いてTさん(UCBで同期になる方。くしくもUCLAでもご一緒しています)と一路バークレーへ。前日のアパート内覧に続き、駅までの距離と学校までの距離を再度自分の足で確かめてみました。Haasのキャンパスまで行き、その後大学生協でお買い物。

続いて昼飯を食いながら、スペイン vs パラグアイ戦。うーむ、やっぱ順当にスペインでしたね。

午後はサンフランシスコに戻り、ベタベタの観光ルート。ケーブルカーでフィッシャーマンズワーフまで行き、シーフードとビールで乾杯。ご機嫌な一日でした。


-ユースの中です。
P1020221_blog.jpg


-ワーフから見たアルカトラズ島。
P1020217_blog.jpg


-夕日とGolden Gate Bridge。
P1020219_blog.jpg


-Haas School of Business at University of California, Berkeley (私が通う大学です)
P1020216_blog.jpg

posted by QL at 14:39| サンフランシスコ ☀| Comment(3) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Berkeleyの新住居 vol.2

いくつかの特徴をPositive / Negativeに分けて。

【Positive】
a. Rooftop
屋上にテラスがあります。周りに高い建物がなく、San Francisco Bayを見渡す絶景。そして写真にあるとおりこじゃれたFurnitureが置かれています。

ここで晴れた日にコーヒー(or Beer)を片手に読書、なんておしゃれですよね。部屋は4階(5階建て)なので部屋からもイケます。結構決断の大きな決め手になったFactorなんですが、実際行っても写真でみるよりキレイにいけました。

P1020195_blog.jpg

P1020208_blog.jpg


b. 新築ピカピカ
申し込んだ時点ではまだ完成しておらず、6月中旬にようやく完成したらしいんですが、新築のにおいがします。なにもかもピカピカです。(そういう安心感もあって日本で契約したわけですが)。インターネット(Wirelessでない・・・)とCableTV、洗濯機・乾燥機、冷蔵庫等キッチン装備一式、標準装備です。ネットはみんなが使って遅いという声が多ければ、家主側でUpgradeしてくれるとのこと(なかなか親切)。駐車場も建物地下の、十分な広さがあるスペースでした。

キッチン、バスルームが充実しています。奥様に張り切っていただきましょう。

P1020203_blog.jpg


c. 駅近・キャンパス近
駅からは5分程度ですね。自分の足で遅めと早めで歩いてみました。駅前〜Shattuck沿いには様々なお店が並んでいて便利。生活に困ることはないです。

ただ、キャンパスが広いってのもあって、キャンパスの入口までは10分とかからずに行けるんですが、そこからBusiness Schoolの校舎までは15〜20分程度。チャリ通かバス(アパートの目の前にバス停があり!)ですね。

d. スーパー、カフェ
建物1階には大き目のショッピングスーパーが入ってます。また近いうちに、Cafe&Barも入る予定らしく、これまたなにかと便利な、ありがたいポイントです。


【Negative】
a. 部屋(広さ)が足りない。&高い。
キャンパスへの距離とスペックを重視したため、広さを妥協しました。二人で住むには十分すぎる広さではあるんですが、私の書斎がない。(どこで勉強するんだろう?)。

あとは来客があったときに、お泊りいただくくスペースがない。(おそらくソファか、地べたに寝転んでいただくんでしょう・・・。)。後はこのようなスペックなので、ある程度値が張っています。寮と比べてもそれなりに値が張っています。広さを妥協してギリギリ予算内というところでしょうか。まあやむを得ないですね。

b. 部屋にバルコニーがない。
せっかく眺望がいいのに、部屋自体にはバルコニーがない。部屋のソファで我慢ですね。

c. 全面禁煙。
これは時代の流れなんでしょう。自室であっても屋上でもNG。

d. 夜道。
これはどの国の繁華街でもそうなのかもしれませんが、夜の女性の一人歩きは避けたいところです。特にバークレーのダウンタウン及びその南側は、Homeless等も多くいるお土地柄なので、留意しないといけませんね。

という感じでしょうか。住み始めたらまた何か気付くことがあると思いますがとりあえず。

posted by QL at 13:35| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

Berkeleyの新住居。

見てきました。

新築、駅近、キャンパス徒歩圏内、Bay Viewという、ちょっと耳に心地のよい響きの条件がそろった物件です。(その分広さを我慢しました・・・。私の書斎はありません。)

会社の方針により、日本出国前にきちっと住居を確定させることが必要であったため、Craiflist(あらゆるモノの売りと買いが集まる掲示板)で物件情報を仕入れたり、現地の仲介業者を使って物件を見てもらったりしながら探しました。

もちろん大学の寮もあったのですが、Waitlistでいつ決まるかわからないこと、また広さ(と価格も)十分なのですが、キャンパスから遠いという難点がどうにも私の中ではNGだったため、市中物件で探すことにしました。(その後Waitlistの繰り上がりで割り当てがありましたが断りました)

なお、これは現地の物件を見ずに決めるリスキーなやり方(かつ、業者を通すと当然に手数料が発生する)であるため、お勧めはしません。

で、物件はというと、コストをかけただけある、アタリ物件ではないでしょうか!行って一瞬で気に入りました。追って写真付きで紹介したいと思います。
posted by QL at 15:35| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | San Francisco/Berkeley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。