2012年06月06日

留学の終了。ブログの終焉。

2年間のMBA留学も終え、スーツを着たサラリーマンに戻りました。まだ記憶は新しく、学校や現地での生活に懐かしさはあるものの、とりあえず一区切り。

「30にして立つ」というタイトル通りにしっかりと立てるようになっているかはわかりませんが、行く前よりも少しモノが違って見えている、見ようとしているのは事実だと思います。これからのキャリア・人生の中で少しでも経験が活かせれば、と考えています。まあ、活かせなかったとしても最高に充実した2年間であったことには変わりはないですが。

というわけで、このブログはこれをもって潔く終了。あくまで留学ブログとして完結です。

resize_0.jpg

以上。


posted by QL at 21:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総括。MBAとは。

帰国後少し経ち、落ち着いたところで、2年間を振り返ってみようかと。

MBAってなんだろう? と素朴に考えてみたときに、ビジネスリーダーの養成とか、キャリアチェンジのためのモラトリアムとか、一般的にはいろいろ言われているかと思いますが、私にとってはもう少し違ったものだったかもしれません。

数年間の実務経験を経て、再び学生に戻った2年間。この時間が如何に貴重なものであるかは、一度働いた経験がある人であれば誰でも理解できるもの。しかも高いコストを支払い、一番働けるこの年代の2年間を現場から離れるということの機会損失を考えれば、その時間を有効に使わなくてはウソです。

その時間の使い方については、大きくAcademics、Social、Recruitingに分かれると思いますが、その人の置かれている状況によって時間配分は異なってきます。

私の大きな目的は、@海外ビジネスの前線に立てる人材になること、Aファイナンスの枠を越えて、顧客のビジネスをしっかり理解しサポートできる人材になること。そのために、ソフトスキルの向上、ネットワークの構築、ビジネスの基礎及びファイナンス以外の見識を深めるということに注力していました。一方で、その手段としてはAcademicsである必要は必ずしもないため、積極的にSocialな場に出て様々な人と接するとともに、今までやる・触れる機会のなかったものに手を出すことが可能な2年間でした。


Academicsに関して言えば、コア科目と選択科目、またもしかしたら課外のWorkshop・Seminor、ConferenceやCompetition等も入るかもしれません。また、理論・知識等のハードスキルと人としてのソフトスキルに区分できるかと。読み物・課題の期限や試験が次から次へとやってきて、またそれがGroup workであった場合、スケジュールの調整から進め方・意見の違い、Team Dynamics等のManagementも大きな要素となります。特にコア科目期間中(つまり1年目(の前半))はその圧倒的な量とスピードに揉まれながら、自分のスタイル・ペースを見つけ、一気に基礎を叩き込むことになります。正直に言えば、この期間は何かAcademicに学んだと言うよりは、限られた時間の中でやるべきことを「消化」した、或いは「こなした」という感じです。

選択科目が始まると、多少スケジュール的にも気分的にもゆとりが生まれます。自分のとりたい科目・スケジュールを選ぶことになること、また試験等の数が減るということ、そして多少なりとも慣れがでてくるということもあり、他のことにも手を出してみようという感じになります。それが私の場合は、ルワンダに行ったIBD(これはあくまで授業の一環ですが)であり、課外のコンサルティングプロジェクトなどでした。2年目になると、完全に選択科目。ビット等の不確定要素はあるものの、科目もスケジュールも自分次第。科目も興味のあるものばかり。MOTやアントレ系の授業を多くとりつつ、ファイナンスも忘れずにというバランスでした。またClassmateとのInteractionが多い、Group Projectの多い科目を意識していました。

Socialに関しては、ネットワーク作りという大義名分はありつつも基本的には遊びの要素。もともと遊びは得意分野・・・、かつ奥様も決して嫌いではないということで、機会がある度に奥様同伴で顔を出し、積極的に遊びました。クラス対抗のイベントの数々、期中・期末の公式Party、幾度となく開催し・開催されたHome Party、まじめ系の課外活動遊び系の課外活動(ヨセミテCampなどのOutdoor、サッカー遠征、ワインテイスティング)、スポーツ(ゴルフ、スノボ、サーフィン、マラソン)、ワイナリー巡り、旅行の数々。このブログにも散々登場したとおり、ワイン、ゴルフ、旅行は重点項目でした。

特に旅行に関しては、もともとバックパックが好きだったということもあり、長期休暇に関してはかねてよりいろいろ目論んでいたことを実行。アメリカ国内では若干行き残したところはあるものの、南米、欧州(東欧)、カリブ海(キューバ等)と、IBDでのアフリカ(ルワンダ)を含め、なかなか行く機会がないところを重点的に自分の目で見て歩くことができました。

Recruitingに関しては、社費という立場で、会社に戻ると決めている以上、あまり時間を割くことはありませんでした。業界を調べInterviewの練習をしInternを経験しと、自分を一生懸命に磨いているClassmateを見ていると、自分を成長させる大きな機会を逃したのかもしれないと思うこともありますが、そこは割り切って、それ以上に何かを得ていると信じることにしています。なのでこの分野では、度々開催されるWorkshopやConference、Alumniのイベント、シリコンバレー等への企業訪問、課外のコンサル活動等くらいでしょうか。


というわけで、上記のような2年間を経て得たものというのは、冒頭にあるようなビジネス・キャリアを中心として語られるMBAの意義とは少々異なるものであったような気がしています。

MBAはよく厳しい、忙しいと(おそらく)言われます。それは事実かもしれません。慣れない環境・言語の中で、量・スピードに追われ、Cold callに嫌な汗を流し・・・、ただそれはMBAの受験をくぐるような人たちのSkillやキャリアを持ってすれば、死ぬほどのものではありません。現に毎年おそらくほぼ全員が落第せずに卒業しているはずです。MBAが忙しいのは、その2年間という価値を理解し、皆全力で様々なことに手を出し動き回るからです。勉強だけしているMBAは私には想像ができません。

私なりにMBAを定義しようとするならば、以下のようなものでしょうか。
- 狭くなっていた視野を再度大きく広げ、また将来の可能性を広げてくれる場
- 同世代の世界中の若きリーダーたちと知り合い、刺激される場
- 世界に出てもなんとなくやっていけるかもという自信を得られる場
- ビジネス上の最低限の知識とツール、Intellectual Challengeを与えてくれる場
- 自分とその人生を見つめ直す場
- 懐かしい学生時代を取り戻し、やりたかったことに手を出す場


簡潔に言い表すって難しいですね。

posted by QL at 17:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ノーベル賞受賞者専用駐車場。

そうそう、全然関係ないんですが、UC Berkeleyにはノーベル賞受賞者専用の駐車場があるのを発見。

さすがBerkeley。頻繁に輩出するだけはある。普通すぎて今まで気づきませんでした。

resize_14.jpg


Haasの近くです。探してみてください。
posted by QL at 15:32| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

Facebook IPO

いよいよFacebookがIPOを申請

時価総額は$100 Billion(=8兆円)になるとかならないとか。

2011のIPO Big 5と言われていた、LinkedIn, Facebook, Groupon, Twitter and Zyngaのうち、Twitterを除いてはIPOに辿り着いたことに。

決してMarketは活況とは言いがたいけれど、所謂"Social Media"にはまだ神通力が残っているようで、伝統的なValuationの手法では出てこない数字が出てきます。

Grouponなんて特にクーポンを配布するだけなのに何故?と思いますが、まあそこはアメリカ懐が深いというか、金融業界が頑張っているというか。

Valuationが押しなべて高くなる理由を少し考えてみたんですが・・・
- 伝統的なValuation(P/E, EBITDA)を使わない。これを使うとPotential(!)が評価できない。というわけで、ユーザー数やらPVやら、その他財務諸表以外の数字を使ってはじくしかない。

- VC-back。これらの企業たちは早い段階からVCのお金が入り、Roundを重ねる毎にValuationが跳ね上がる。人気の企業はVC側からの引きが強く、Valuationは言い値。実績を買いたいVCはそれでも投資。よって、IPOで投資収益を上げるためには、なんらかの理屈でもってそれ以上の価格をつけなければならん、ということに。

- 類似企業? Valuationする際の類似企業も、上記のような理屈で値が吊り上げられている企業たち。とすると、横比較したときに高いValuationもそれなりに正当化される。


まあ、そのValuationが投資家に受け入れられる以上、それはFairだということになってしまいますが、そのPotentialが実現しなかったときに、誰かが火傷をすることになるんでしょう。いつか来た道ですね。


さらに日本との違いでいけば、種類株。創業者に議決権を維持させるべく、1株当たり普通株式の10倍の議決権をもたせるよう設計。日本での上場に際しては「株主の平等」という大原則によって認められないけれど、米国ではGoogleが先鞭をつけ、最近のネット企業では結構見られる模様。コーポレートガバナンスだなんだと騒ぐわりにはこの辺りには寛容なんですね。

Grouponの上場前の決算修正。確かSECから売上数値・計上方法にクレームがついて、過去に遡って大幅に修正。しばらく後に若干Valuationを下げて無事上場。過去1年間の運用実績だなんだなんて言わずに割り切って出てこれるところも何かさっぱりしていていいですね。

posted by QL at 13:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

年の終わりに: 2011

2011年も終わり。

今年の年越しはキューバのトリニダーという街になりました。去年がブラジルだったことを考えると旅に始まり旅に終わった一年。その合間に(?)学校生活もちゃんとありました、もちろん。

MBA留学も2年目の半分が過ぎ、興味の赴くままにとっ散らかった履修も最後のまとめにかからなければいけない時期。科目としては技術系、アントレ系、ファイナンス系によせ、また中身としてはチームプロジェクト的なものによせてきた感じで、最後もそんな感じになる予定。幸いにして落第というものが事実上ない状況下、無事卒業はできそうです。何を学んだかと問われると難しいんだけど・・・

プライベートでは、2年目にして時間の余裕ができたこともあり、ゴルフにだいぶハマってきた感じ。とりあえずの目標はすぐそこ(?)なのでコンスタントに90台で回るようにしないと。あとは奥様の活躍によるホームパーティを開き続けました。学年全体でのパーティ・イベントが減った分、仲のよい連中と少人数で遊ぶ機会が増えたのも変化かも。

長期休暇は専ら旅に。二度とないであろうこの時間を後悔なく過ごすべく、またこの機会に少しでも広く世の中を感じるべく動き回りました。ヒトとして成長していることを信じましょう。まだ借金がないことだけが救い・・・。帰ったら身を粉にして働かないと。

一方で春休みは震災を受けてJapan Trekをキャンセル。とりあえず自分だけで一時帰国。ただでさえジリジリと沈んでいた日本が新たに抱えた負の遺産。何をすべきなのかを改めて考えさせられる災害でした。

そんな中で心身ともに充実した一年を過ごさせていただき、支えていただいている皆様に感謝です。

良い年を迎えられることを心より祈念しております。
posted by QL at 06:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

UC Berkeley CM

UC Berkeleyからまたノーベル賞が。今度は物理学賞のようです。

http://berkeley.edu/news/features/nobel/




って見ていたら、BerkeleyってCM出しているんですね。その名も「You See Berkeley」・・・・。








posted by QL at 16:52| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

Steve Jobs

昨日Steve Jobs (Apple Co-Founder)が死去。

メディアはJobs一色。

Visionary, genious, legend, innovator, inventor, game-changer..

彼を最大級に賛辞する言葉が並ぶ。同じように世界一の企業に押し上げたBill Gatesと比べて彼に与えられる言葉はポジティブなものが多く、また大企業が嫌いなここシリコンバレーにあっても、人気が非常に高い気がする。


2005年Stanfordの卒業式での有名なSpeech。
以下は気に入っているところのハイライトですが、是非全編をご覧あれ(youtube & transcript)。

"you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something "

"I have looked in the mirror every morning and asked myself: 'If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" "And whenever the answer has been no for too many days in a row, I know I need to change something."

"Stay Hungry. Stay Foolish."


そうそう、かっこいいロゴを見つけました。Hong Kongの学生がデザインしたんだとか(Reuter)。

r.jpg

posted by QL at 03:43| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

Thoughts for Berkeley-Haas vol.2

3. Extracurricular/Club活動 は何をしているか。

過去記事を見てもらうといろいろ手を出しているのがわかるかもしれませんが、今現在正式にメンバーになっているものとしては以下のもの。

3-1. Career系(まじめ系)
Haas Technology Club
Entrepreneurs Association
Global Initiative at Haas
Asia Business Club
BERC @ Haas

3-2. 遊び系
Haas Soccer Club
Redwoods @ Haas
Haas Wine Industry Club

なんとなく興味を持って参加していくうちに、数が増えてしまいました。ただ、ちゃんとイベント等に出ているものもあれば、ただの幽霊となってしまっているものもあるので、Leadership Positionにつかない限りは特に著しく時間を食うものでもありません。

ちなみに奥様はWine ClubとPartner Clubのメンバーです。
posted by QL at 14:41| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

Thoughts for Berkeley-Haas vol.1

2nd roundの出願を控えてか、最近一気にVisitの方が増えてきました。また、emailやskypeにて問い合わせを受ける回数も増えてきました。Berkeley-Haasに興味を持っていただけるのはうれしい限りで、できる限り対応させていただこうと思ってます。

ということもあり、3ヶ月程度の経験を踏まえてよく聞かれることを自分なりに少しまとめてみたいと思います。何か他に思いついたらまた記載します。

1. Why Haas?
これは以前に書いた通りなので割愛。

2. 実際にHaasに来てみてどうか?どんな学校か?何か印象は変わったか?イメージと違うことは?

■特徴
- 全ての人にとってBest Fitかどうかはわかりませんが、一言でいうと期待以上に充実している毎日かと。Academics、Extracurricular、Socialとやりたいこと全てに手を出すと絶対に回りませんがなんとか最低限のバランスを保ちながら日々を過ごしています。(日々どんなことをしているかは別の記事をご覧ください。なお、これから就職活動が本格化することになりますが、あまりそれとは関係のない私としては、それでも他の学生と比較してゆとりのあるほうだと思います。)

- Academicsに関しては、課題等が多いのは事実ですし、しんどい授業もありますが、MBAの時間を100%勉強に費やすなんてことはありえません。目的・目標の置き方も人それぞれだとは思いますが、それでもみんなどこかで自分のバランスを見つけているはずです。少なくとも落ちこぼれない程度にとか、卒業さえできればそれでよし、というレベル感で考えるのであれば、相当に自由度があがることは間違いありません。

- (少なくとも表面的には皆)成績を気にする学校でもないため、皆思い思いに時間を使い、全力でMBA生活をしています。成績が重要でないということは、皆が協力的で助けあう環境にあるということ、自分の全く未知の分野に挑戦する機会がある(e.g. リスクをとって興味のある科目をとってみる、など)ということであり、或いはAcademics以外の目的に時間を割く自由度があがるということだと思います。

- トップスクールの中で、最小のCommunityということもあり、学生間の距離が近く、また上述の通り(よいかは別にして)成績を気にする学校でもないため、肩肘を張る必要のない、Collaborative/At homeな雰囲気です。Study Group等でも協調して如何にクオリティを高めるか、各人の学びを増やすかをみんな考えているのが感じられます(もちろん、チームの当たり外れはあるようですが)。

- 人数が少なく、キャンパスも広くないだけに、授業が終わって中庭に出れば、知っている顔がいて、また何かにつけて企画されるイベントやパーティに顔を出すと、やはり知っている顔が多いということで、各人との接触頻度は格段に高いと思います。それは間違いなく関係が少しずつ深まるのに寄与してるのではと思います。

- 他の分野が手薄という印象は特にないですが、Haasの特徴としてTech/Entrepreneurship/Non-profits(Social impact)などがよく聞かれます。得てしてこれは事実だと思います。このあたりに関わるイベント、クラブ活動等は非常に活発に行われており、Make the world a better place、Make a positive impact on societyなど、結構普通に口から出てきたりします。よって「俺は金持ちになるんだ!」みたいなことを言うとちょっと浮いてしまいそうな雰囲気すらあります(笑)

私も選択科目で集中してとりたいと思っていますがMOTはOne of the bestのはずですし、アントレ系も学生の起業を促進するような手厚いProgram、サポート体制が整っています。Non-profitsも普通に進路としてカウントされるくらいメジャーです。ちなみにEntrepreneurshipのExperiential Learningの授業に、240人中120人程度が申し込むという状況からもわかるとおり、相当程度皆の関心があるのは間違いありません。(もちろんみんながみんな起業家を目指しているわけではありませんが。)

- Bay Area (SFやSillicon Valley)との距離が近いというのも事実だと思います。毎日のようにゲストがキャンパスに話をしにきたり、企業を訪問したり、授業の素材になったりと、相当ビジネスと近い関係があると感じます。

- みんな考えられないくらいアクティブです。上述のとおり、何かにつけ、イベント・パーティが開催されるため、全て参加すると体力と資金がもちません。久しぶりに学生に戻った開放感か、2年間という制約があるからか、とにかくイベント毎には事欠きません。


■来てみて気づいたこと。
- 立地・気候という要素はやはり極めて重要です。最近ではさすがに寒くなる日や雨が降る日がありますが、まだまだ屋外での行動に支障が出るという感じではありません。サンフランシスコを始め、ワイナリー、National Parks、サーフィン・ゴルフなどやることに事欠かないため、Quality of Lifeという点からはお勧めです。(さらに南に行くともっと違うかもしれませんね。先日LAに行った際にはポカポカ陽気でサッカーができました)

- 家族という要素は極めて重要。これは来てみて初めて実感すること。パートナーの生活がしっかりと充実することが、本人の生活の前提になります。パートナーは2年間丸々自由な時間があって何でもできるから楽しいよね、みたいな発想でいると、実はそうではない事実に気づかされるでしょう(反省)。

- Cohortというクラス単位があってすべてのコアを一緒に受けること、学校がアサインするStudy Groupがあることがどれだけ学校生活を有意義にしているかは、来てみて初めて気づいたことでしょうか。やはり同じ時間を共有する、Cohort対抗で一体感が生まれる、というようなことが少しずつ関係を深くしていっていると思います。そうでなければ、なんとなく似たような人間との居心地のいい関係の中にこもってしまうかもしれません。

- バックグランドがそれぞれ異なるために、授業開始の時点で結構差があります。が、そこはやはりみんな優秀なんだと思います。テストをやらせると、しっかり点数を出すくらいまで仕上げてきます。どこかで勉強時間を見つけ、全く土地勘のなかった分野でも気づいたらちゃんと語るようにまでなっているから驚きですね。

- Financeバックグラウンドの影は確かに薄い印象があり、ゼロではないにせよ、Investment Banking志望も、結構International Studentsに多いという印象です。キャンパスにくるリクルーティングもサンフランシスコオフィス(シリコンバレーのTech/Bio等をカバー)が中心になるため、Wall Streetのど真ん中IBに行きたいと思うのであれば、努力を要する気がします。その分、それを求めてきたFinanceバックグラウンドの私にとっては、実際に全く違うバックグラウンド・進路希望をもった人が多いため、刺激を受ける要素です。

- 英語の向上以上に、日本語の劣化が激しい・・・。日本語が出てこないということが度々あります。

- タバコの喫煙率が想像以上に低く、完全にマイノリティであること・・・(アメリカ人の喫煙者は皆無、吸うのはごく限られたInternational Studentsだけという状態。その分タバコミュニケーションは強く深いですが)

- 視力の衰えが著しい。最近では少なくとも授業中のメガネは必須になってきました。そのうち運転するときもつける必要があるかも。なんとなく室内の証明が暗いこと、あるいはそういう年齢になってきたことが原因でしょうか・・・

- ここに来て心がけているのは、できる限りSocial Activityに参加するということ。イベント参加率は相当高いほうだという気がします。そして可能な限りパートナーも連れて行っています。先にも書きましたが、とりあえず何かしらのイベントを通じて時間を共有すること、言葉が通じまいがとりあえずその場に自分をさらすことが、少しずつネットワークを広げていくことに繋がっていると感じます。私にとっては、それはAcademics以上に重要なMBAの要素です。
posted by QL at 18:01| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。